« 硫黄岳。#2 | トップページ | センセイ。 »

2009年1月30日 (金)

氷点下とは…。

993無知でした…
今回の硫黄岳で学んだこと、それは寒さに対しての認識不足、と装備の貧弱さです。とは言ってもピッケル・アイゼン・ウェアー関係には不具合もなくよかったのですが、一番致命的だったのが手袋です。はっきり言って寒さと言う概念をなめてましたね…森林限界を超えてからの強風に体感温度は急激に低下し、最初に手先の感覚がなくなってきました。動くには動くのですが、感覚がなく危険な感じ…本気で凍傷になるかと思いました。
次、今考えれば当たり前のことなのですが、まさかそこまでとは…と感じたのが飲み物関係。
987満タン状態のアクエリアスが完全凍結、飲み物をそれしか持っていなかったので、水分補給が出来なくなると言う致命的な状況に…まったく何やってんだか…って言われちゃいますよね。

とにかく行ってみて初めて知ったこと、それなりに収穫は多かったと思ってます。早急に揃えなくてはいけないモノ①グローブ②保温ボトル、お小遣いと相談して買いたいモノ③シェルパンツ④雪山専用ブーツ、てな感じですかね。
はぁ~お金はいくらあっても足りません。

成長:其の194

凍傷とは、氷点下の環境で起こる皮下組織の傷害で、身体中枢の体温を逃さないための保護作用で、凍傷を受けた部位は蒼白で感覚がなくなります。症状の深度には、第1度の表皮の凍傷(紅班性凍傷):発赤、腫脹、痒み感、加熱後灼熱感、多くは数日以内に治癒可。第2度の真皮に及ぶ凍傷(水疱性凍傷):紫紅色、浮腫、水疱、加温後充血、多くは3週間ほどで治癒可。第3度の皮下組織までの凍傷(壊死性凍傷):暗黒色、壊死、潰瘍、感覚脱出、皮膚移植が必要。第4度の骨、筋までの凍傷:より深く広範な壊死、後にミイラ化して分異線に沿って脱落し切断術が必要。

|

« 硫黄岳。#2 | トップページ | センセイ。 »

コメント

>玉井人さん

えっ!?
日常でも凍傷になることがあるのですね。
大丈夫だったのですか?
今はどのようになっているのですかね?
大事に到ってないと言いのですが…
私も気をつけなきゃいけませんね(@Д@;

投稿: hide | 2009年2月 3日 (火) 00時33分

私は中学生のとき、信じられないでしょうが通学時にかかと部分が凍傷になり酷いとところは骨近くまで親指くらいの大きさで化膿し、へこんでしてしまいました。
あんなことがあるんですよね、平地でも

投稿: 玉井人 | 2009年2月 2日 (月) 22時08分

>ふるまんさん

この画像は小屋の部屋で撮影したのですが、
小屋の中も氷点下だったのですよ。
でも、温泉から出てきたばかりに
撮影したので赤かったのかもしれませんね^^;
でも、外から戻ってきた時は
赤いと言うより赤黒かった気がします(;д;)

投稿: hide | 2009年2月 1日 (日) 10時47分

>もうぞうさん

新潟の平野部は氷点下になることは少ないですか?
でも無風の氷点下は我慢できるのですが、
ひとたび風が吹くと…もう状況がガラッと変わります。
いい経験をしました。

投稿: hide | 2009年2月 1日 (日) 10時43分

>Fjirouさん

夏沢鉱泉の方が目だし帽は必要だよと言ってました。
でも私の場合、帽子にゴーグル、ネックウォーマー、
シェルのフードで何とかカバーして頑張ります。
氷点下の成長日記で学んだことは、
とにかく末端防寒なんです!

投稿: hide | 2009年2月 1日 (日) 10時41分

>書房さん

ホントおっしゃるとおりでした。
とにかく末端、末端ですね!
やはり高いモノの方がいいのでしょうかね?
今、気になっているのはミズノのブレスサーモ手袋です。
意外と安価なんですよ!でも大丈夫なんですかね?

投稿: hide | 2009年2月 1日 (日) 10時33分

アクエリアスを持つ指がまっ赤ですね!
今はもう大丈夫ですか?
しかし、山の冬装備・・・
「手袋」ではなくもはや「グローブ」ってとこがすごいですね。
野球の、を連想してしまうけど生地がもうパカンパカンに硬いものなのでしょうかね。

投稿: ふるまん | 2009年2月 1日 (日) 00時47分

私、未だに未体験の気温ですね。
知らないと言うことは、強いですね~
とにかく貴重な体験でしたね。私も参考になりました。

投稿: もうぞう | 2009年1月31日 (土) 19時45分

目だし帽なんかもいるんでしょうか?
ある程度予想して出掛けても
実感しないと分からないものなんですね、
正に氷点下の成長日記。

投稿: Fjirou | 2009年1月31日 (土) 18時05分

末端は気をつけてくださいね。
私はスキー場だったからよかったけどケチッて失敗してます。
手袋は値段が全てじゃないかと思いますよ。

飲み物は・・・
北海道では冬こそ冷蔵庫が必要っていうのと一緒ですよね

投稿: 書房 | 2009年1月31日 (土) 02時28分

>ネコさん

え~怒られちゃいますかね…
靴は夏用!SIRIO.P.F.301.です。
アイゼンはKAJITAXの8本歯です。
なので貧弱装備なんですよ…
でも硫黄岳では問題なかったですよ!
手袋は実体験より早急に改善が必要と感じたもので…
何かしらのものを買ってこようと思ってます。
またネコさんのご意見を参考にさせて頂きますね☆
とにかく今回の硫黄岳は、
雪山を体験してみることが趣旨でしたから!

投稿: hide | 2009年1月31日 (土) 02時05分

靴なにで行ったんですか?
今は、厳冬期。
生半可な靴だとマヂやばいですよ?
アイゼン装備出来るくらいだから
冬用でしょうが

八ヶ岳は更に上のレベルのがあった方が安心ですよね。

ウチのAKU フィッツロイも一応スペック上は大丈夫なのですが結構2000mクラスでもきついです。
代謝が悪いのかなぁ?

手袋は、BDのセンセイが評価良いようです。
モンベルの3レイヤーのも良いですが
皮が凍りますね
ですが、3レイヤーなのでインナーをアレコレ変えられるので対応幅はひろいです。
モンベル3レイヤー+オーバーミトン+何種かのインナーを山によりチョイスするがウチの中では正解かなぁと思います。

トラサボルタのインナーは速乾性があり、無雪期の手袋としても使えていいです。
厚手のでマウンテンハードのフリースグローブが欲しいですョ

投稿: ネコ | 2009年1月31日 (土) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134412/43908627

この記事へのトラックバック一覧です: 氷点下とは…。:

« 硫黄岳。#2 | トップページ | センセイ。 »