« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

氷点下とは…。

993無知でした…
今回の硫黄岳で学んだこと、それは寒さに対しての認識不足、と装備の貧弱さです。とは言ってもピッケル・アイゼン・ウェアー関係には不具合もなくよかったのですが、一番致命的だったのが手袋です。はっきり言って寒さと言う概念をなめてましたね…森林限界を超えてからの強風に体感温度は急激に低下し、最初に手先の感覚がなくなってきました。動くには動くのですが、感覚がなく危険な感じ…本気で凍傷になるかと思いました。
次、今考えれば当たり前のことなのですが、まさかそこまでとは…と感じたのが飲み物関係。
987満タン状態のアクエリアスが完全凍結、飲み物をそれしか持っていなかったので、水分補給が出来なくなると言う致命的な状況に…まったく何やってんだか…って言われちゃいますよね。

とにかく行ってみて初めて知ったこと、それなりに収穫は多かったと思ってます。早急に揃えなくてはいけないモノ①グローブ②保温ボトル、お小遣いと相談して買いたいモノ③シェルパンツ④雪山専用ブーツ、てな感じですかね。
はぁ~お金はいくらあっても足りません。

成長:其の194

凍傷とは、氷点下の環境で起こる皮下組織の傷害で、身体中枢の体温を逃さないための保護作用で、凍傷を受けた部位は蒼白で感覚がなくなります。症状の深度には、第1度の表皮の凍傷(紅班性凍傷):発赤、腫脹、痒み感、加熱後灼熱感、多くは数日以内に治癒可。第2度の真皮に及ぶ凍傷(水疱性凍傷):紫紅色、浮腫、水疱、加温後充血、多くは3週間ほどで治癒可。第3度の皮下組織までの凍傷(壊死性凍傷):暗黒色、壊死、潰瘍、感覚脱出、皮膚移植が必要。第4度の骨、筋までの凍傷:より深く広範な壊死、後にミイラ化して分異線に沿って脱落し切断術が必要。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

硫黄岳。#2

953_2夏沢峠から先へはヒュッテ夏沢と山びこ荘の間を抜け硫黄岳に向かいます。小屋と小屋との間には雪の吹溜まりが出来ており、足を踏み入れた途端に腰まで雪の中にズボッΣ(゚д゚lll)
数メートル間そのような状況が続きます…
再びトレースが現れたところでアイゼンを装着し、人生はじめてのピッケルを手に持ちました。
955_2その先、トラバース地点では谷側に小さな雪庇ぽいところがあり、出来るだけ離れて歩くよう心掛けます。そしていよいよその先には森林限界が見えてきます。
956森林限界を抜けると勾配は急になってきました。トレースはあるものの膝辺りまでは埋もれてしまいます…いやはやこれでは体力を消耗しまくります(;;;´Д`)ゝ
959先行者が見えます。当日、硫黄岳を目指したのは単独の男性と女性に男女のペアのみでした。皆さん雪山には慣れている様子で装備も完璧、私の貧弱な装備が浮き彫りに…962 963

その森林限界を超えることで辺りの景色もよく見えるようになってきました。左上画像にはオーレン小屋に峰ノ松目、右上の画像には夏沢峠と双耳峰の天狗岳もチラリと見えます。
964高度を上げるにつれ風も強いぶん雲も切れ、青空率が高くなってきた!『嬉しい\(^o^)/』でも『さみぃ~(((゚Д゚)))』
966いよいよピークへ向けた広い稜線上に到着です。そのピーク上空にも青空が広がってきましたよ。
ん!?あのピーク付近見える白いものは雲??
967どれどれズームイン!
……いや!地吹雪じゃないですか!
ウォォ━━Σ(゚д゚;)━━!!
969たしかに森林限界を超えてからは常に強風・突風にさらされてます。ただでさえ氷点下20度前後と思われる気温のなか、その強風のおかげで体感温度は未体験ゾーン…
しかしその強風では足元の雪も吹き飛ばされ積雪はほとんどなくなってきました。
970そんな環境ですから、道標もご覧の通り…見えません。この辺りからは風も更に強まり、雪を巻き上げ周囲は地吹雪状態に…
972さて火口も見えてきました。
975ですのでピークもすぐそこ、ケルン目指してひと頑張りです!
980夏沢峠から1時間半弱、夏沢鉱泉より3時間程かけて強風巻く硫黄岳ピークにたどり着きましたよ。
しかーし、兎に角さみぃ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
寒さで手先の感覚がなくなってくるうえ、極限に冷えたピッケルが冷えた手に追い討ちをかける。鼻の穴は既に凍ってますし、感覚もないため無意識に鼻水も垂れる。ネックウォーマーも、口にあたる部分は吐き出す息の水分で凍ってカチカチ…当然、ザックに入れてあったペットボトルのアクエリアスも満タン状態で完全凍結、コンビニおにぎりも同様に凍結。フル充電したデジカメのバッテリーも寒さで終了。これらの体験が、後に記す雪山素人の失敗であり、よい経験となった一部ですね。
976そんなわけで景色の写真も手短に撮影し、早々に撤収~!!登りの半分くらいの時間で夏沢鉱泉まで戻って温泉へ直行!再び身体中に血液が回り始めて復活です!(≧m≦)

そんな訳で“素人雪山企画第1弾”は無事に帰還できました。「帰還」なんて、ちょっと大げさな表現かもしれませんが、あまりの寒さに「これはまずい」と感じたのも事実ですし、良いも悪いもイイ経験が出来たことは紛れもなく事実な訳で、百聞は一見に如かずとはまさにこのこと、そんなこんなで次回の山歩きも雪山にしようと心に誓ったのでした。

ちなみに清掃登山記録。ですが、こちらも雪山でありゴミは見当たりませんでした。しかし稜線上ではそんな余裕もなかったことを添えときます…

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年1月26日 (月)

硫黄岳。#1

994遅ればせながら2009年の初山は八ヶ岳『硫黄岳:2,742m』を歩いてきました。雪山について何の知識もない私、皆様の意見を伺ったり、本を読んだりしても、イマイチ雪山のことはピンときません…ならば行ってしまった方が早いと、何より雪山を歩いてみたく、あれこれと考えた結果、気持ち半分ドキドキ、気持ち半分ワクワクで出発です。
車を茅野市内にデポ、途中雪上車に乗り換え、当日お世話になった夏沢鉱泉へ向かいます。既にあたり一面は雪景色、夏沢鉱泉の玄関にある温度計は氷点下12℃を指してます。
933 936

夏沢鉱泉からオーレン小屋まではゆるやかに高度を上げて行きます。気温が低いため雪はサラサラ乾いており、トレースの付いた道は基本的に歩きやすいのですが、たまに膝あたりまで雪を踏み抜くのはご愛嬌です(^-^;
937で、天候の方ですが頭上にはどんより雲がたちこめ空を低くしております。樹林帯の中では風を感じないのですが、上空にはかなり強い風が流れているようで、ガスのような雲がどんどん流れているのが分かります。
939_2そしておよそ1時間弱でオーレン小屋に到着です。このオーレン小屋は通年営業ではないようですが、見た感じはとてもキレイな山小屋で、夏にはここでテント泊してみたいです。
948オーレン小屋から先は雪量がやや増加しますが、夏沢峠へ向かう道にもトレースが付いており、歩く分には何ら問題はありません。 が、相変わらず頭上の雲はなかなか取れません。
951オーレン小屋から30分ちょっとで夏沢峠に到着です。ここのヒュッテ夏沢も山びこ荘も休業中です。しかしこの夏沢峠から硫黄岳方面を見ると、やっと隙間から青空が覗いてきましたよ!
( ^ω^)おっおっおっ

夏沢鉱泉から夏沢峠までは、危険な箇所もなく特別な雪山装備がなくても充分楽しめるコースです。私は未経験ですが、スノーシューでの雪道ハイクなんて楽しいかもしれませんね(・∀・)

(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

百聞は一見に如かず。

983成長:其の194

百聞は一見に如かずとは、人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よくわかること。

後日記します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

シェル。

427雪山には必要?またまた“THE NORTH FACE”にしちゃいました。なんだかTNFばっかりになってきた…もう少し良いものが欲しかったのですが、やっぱりお金がね( ̄Д ̄;;

とりあえず明日使ってみます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

白菜。

422久しぶりに自分で夕飯を作った。
八宝菜ですが、白菜を切りすぎたので味噌汁も白菜にした。
そして冷蔵庫を覗いたら白菜の漬物があった…(;´д`)

白菜、好きだからよしとしよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

AGC.

Russia_day_p この子達、可愛くないですか?
最近、この旭硝子のCMが気になります…

notesドレミnotesAGCnotes123notesAGC!notes

成長:其の193
この子達が扮したのはロシアのお土産“マトリョーシカ”
マトリョーシカとは、胴体の部分で上下に分割でき、中には少し小さい人形が入り何回か繰り返される入れ子構造のもの。

【今日の数値】
体重61.0㎏・体脂肪率19.9%・基礎代謝量1,360kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

ROYCE'

Photo北海道土産の定番“POYCE'”
会社の同僚が買ってきたのは人気№1?「ポテトチップチョコレート」なるもので…不味くはないがナゼ交ぜる?というシロモノ。塩味のポテチに片面だけチョコレートコーティングされており、舌側にチョコ側を置くと甘さ増大で、舌側にポテチ側を置くと塩味満載。よくお菓子を食べる時、甘いものやしょっぱいものを食べ続けると飽きるので、甘いものとしょっぱいものを交互(順番)に食べたりしましたが、その感覚なんでしょうかね?でも、口の中は別々がよろしいかと思うのは私だけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ゆずと抹茶。

414不味くはないのですが…想像とは違う味でがっかり┐(´-`)┌

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

一の湯。

415417昨日、箱根塔ノ沢にある一の湯本館にて会社の新年会が泊まりでありました。先程帰ってきましたが、なかなかモダンな造りのしっぽりとした旅館で、いい感じでしたよ。

がっつり飲んで食べて楽しんだ(^Д^)さぁ、今年も頑張ろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

雪山への試み。

412コレステロールを下げるために近所の里山から始めた山歩き、なぜか3年経ったら雪山歩きにまで興味が出てきてしまった…
昨年から少しずつ雪のあるところも歩き始め、入笠山①丹沢越前岳飯盛山北横岳など、特に雪山装備を必要としない山を歩いてみたのですが、今シーズンはもう少しだけステップアップしてみたいと思っている次第です。
とは言え、なにぶん素人な私…とりあえず好日山荘へ出向き店員さんに雪山歩きの「イロハ」を教えてもらい、小遣いの範囲で購入できるものを買ってきました。

さて、どこへ行きましょう??

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

だぶるくぉーたーぱうんだーうぃずちーず。

Photo食べてみました
“DOUBLE QUARTER POUNDER with CHEESE”を…
噂どおり見た目以上に大きなハンバーガーだったのか?私の胃が小さくなったのか??満腹です。

Mr.ジャンクフードと名付けます。

成長:其の192

1/4パウンドの肉を使ったハンバーガーの意。アメリカ国内で「クォーターパウンダー」はマクドナルドの商標となっているが、フランスでは「ハンバーガー・ロイアル」と呼ばれている。
ちなみに1/4パウンド(ポンド)は113.4gに相当し、画像のダブルだと1/2ポンド(226.8g)となります。

【今日の数値】
体重60.2㎏・体脂肪率19.9%・基礎代謝量1,350kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

MOUNTAIN FLEECE.

407はたまたちょっと奮発致しましてお高めのフリースを購入しました。THE NORTH FACEのVersa Air Zip In Jacketで、薄手のダウン並みの保温力を持っているそうです。一昨年買ったアコンカグアと使い分け、山と街、両方に活躍してもらう予定です。

今年は昨年以上の冬山にチャレンジしようと思っているので、その自慢の暖かさに期待してます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

雪不足?入笠山。

896はたまた更新遅すぎ…昨年12月28日のお話です。三頭山から大菩薩ラインを抜け山梨方面に向かい甲府市内で一泊後、翌日は長野県の『入笠山:1,955m』を歩いてきました。
前回歩いた時は曇り空で景色が堪能できなかったのですが、今回はご覧の通りの晴天で期待大です。しかし時期が早かったのでしょうか…入笠湿原付近は雪が少なかったです。

908その先、マナスル山荘の建つ御所平峠からは少しづつ雪も積もりはじめ、傍らではピッケルを使って滑落防止動作の練習をしているグループもいました。おぉぉ~俺もやってみたいぃ!!

911さて、山頂からの眺望ですが、なんと言っても雪を冠した八ヶ岳の雄姿が目立ちます。

913他にも、甲斐駒ヶ岳・北岳など南アルプスから富士山、中央・北アルプスまで360度見渡せますよ。

2回目の入笠山ですが、前回は見ることの出来なかった眺望を見ることができて、とても有意義な山歩きとなりました。その眺望の中で一番目立っていた八ヶ岳、この冬一番の興味が向いてます。素人にも行けるのか??

清掃登山記録。ですが、雪で埋もれているのか分かりませんが、喜ばしいことに無しです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

1/75,790人。

友人のブログ“HOBBYNEWSNET.”でたまに記されている見聞録風に時系列方式で、今日の記事を進めて行こうと思います。

今日は母親から出かけようとのお誘いがあり出掛けることに…
334さて、ここは自宅アパートの玄関先です。ここからはこんな景色が見えるんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
332正面には山歩きを始めた明神ヶ岳がどんと見えます。更に富士山も気持ち(画像中心の白いの)見えます(σ・∀・)σ
341本日の出発は朝の9時。誰も歩いていません…
まぁ~田舎ですからね┐(´-`)┌
3431月2日の国道1号線と言えば箱根駅伝ですね。でも、まだ朝が早いのでランナー達は東京です……(ノ゚ο゚)ノ
344それにしても人がいないですねぇ~
まだまだ正月モードなのでしょうか(;´▽`A``
345ここの路地はおしゃれ横丁と言います。ここも人がいません…
それにしてもネーミング自体がオシャレじゃないですよね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
347さて、母親との待ち合わせは小田原駅です。
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ
今日は電車ですかねぇ~
350電車らしいです。
352で、ずいぶん都会にやってきました(・∀・)
357うぅ~ん、イイ天気だぁ~
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン
364と思ったら何だか身体をペタペタ触られました…Σ( ゜Д゜)オッ
366それにしても広い場所ですねぇ~(゚0゚)
369おっ!!何だかキレイなところにやって来ましたよん。
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
371それにしても人がウジャウジャいます…
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ
387おっ。
誰か出てきましたねぇ~(゚0゚)
389皆さんもうお分かりですね。そう、母親が行きたいと言っていたのは、皇居で行われる新年恒例の一般参賀です。特に興味があったわけでもなく、はたまた右よりの人間でもないのですが、新年のイベントとして行って来た次第です。でも、実は天皇皇后両陛下を見たのは2回目で、葉山御用邸から出てきた両陛下を見た際に、気さくな印象を受けたのを覚えてます。
当日は75,790人の参賀者が訪れ、天皇陛下からは、「国民にとり少しでも良い年になるよう願っています」との挨拶がありました。

401ついでに、丸ビル内で食べた親子丼。鶏が焼かれていて香ばしく、美味しかったので載せときます。

ちょっと長い記事になりましたが如何でしたか、とは言っても画像ばかりですが…
読んでいただいた皆さん、さんくす♪(o ̄∇ ̄)/です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

年賀状。

Photoやはりキチンと挨拶しなければですね。

【 hAppy nEw yEAr 2009 】

今年のもっとうは『元気』にします。

皆様にもご多幸を!!
今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三頭山。

881新年早々、昨年のお話。
あっ、あけましておめでとうございます。
今年、2009年も引き続き宜しくお願い致します。

昨年12月27日に歩いてきたお山は、武甲国境にある『三頭山:1,531m』です。東京都にあるお山は久しぶり、高尾山以来2回目ですかね。当日は檜原村奥多摩周遊道路の都民の森からスタートです。

871途中の鞘口峠までによく見かけた変なモノ、それは枯れ枝に白い花のようなものがたくさん付いていました。何だか分かりませんが不思議なモノで、太陽の陽射しに照らされとてもキレイです。たぶん氷だと思われますが、なぜこの様な花のような形で凍っているのでしょう?ちょっとした冬の花畑ですかね。

先日の寒波で雪も降ったようですが、ほとんど積もっておらず、登山道はよく整備されておりとても歩きやすかったです。冬の陽射しを浴びながらの1ヶ月ぶりの山歩きも、富士山の景色に元気を貰い、無事終了しましたよ。

清掃登山記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »