« 仙丈ヶ岳。 | トップページ | お花畑。(in仙丈ヶ岳) »

2008年7月27日 (日)

甲斐駒ヶ岳。

151 北沢峠にテントを持って来れば、歩く山が一つと言うわけがありませんよね。と言うことで翌日は日本アルプスで一番綺麗なピークと言われる『甲斐駒ヶ岳:2,967m』を歩いてきました。

昨日とは一転、見上げる空には雲ひとつなくスカッとする朝を迎え、午前5時30分過ぎに北沢駒仙小屋から北沢に沿って歩き始めです。標高2,000mの朝は7月でも涼しい、ただこの陽気だと暑くなるのは必至!と言うわけでいつものTシャツにハーフパンツスタイルで行きます。

117121北沢沿いを緩やかに歩き、仙水小屋を過ぎるとゴツゴツとした岩原に出ます。傾斜が西側斜面なので赤ペンキの目印が良く見えない…それらしい踏跡をたどり高度を上げていくと、稜線からは真夏の眩しい太陽が朝陽となって目に飛び込んできます。

122 125いよいよ仙水峠に近づくと朝日に照らされた摩利支天(左上)が顔を見せてくれます。そして仙水峠まで歩みを進めると、いよいよ摩利支天を抱く男らしい山容の甲斐駒ヶ岳も姿を見せてくれました。その姿は、まさに登高意欲を掻き立てられるダイナミックなもので、花崗岩を剥き出しにした姿が白く輝いていました。

131仙水峠から駒津峰までは樹林帯の中を一気に高度を上げます。所々木々の合間から顔を覗かせる栗沢山やアサヨ峰、そして鳳凰三山の姿が真っ青な空に反転してきれいな稜線を描いています。

150 147仙水峠から1時間弱登り続け駒津峰に到着です。歩き始めて2時間が経ちましたが、まだ時計の針は朝の7時半です。山中泊の魅力である早発ちを存分に発揮して、天候も展望も至って安定しています。駒津峰から見る甲斐駒ヶ岳は見事にピラミダルな山容を見せ、あと少しであの頂に立てると言う気持ちが高まってきました。

155 156駒津峰からは一旦やせた尾根を鞍部まで高度を落として六方石まで行きます。そこからは摩利支天方面にトラバースするルートと岩場直登ルートに分かれますが、直登ルートを選択。頭上に輝く太陽目指して一気に高度を上げていくといよいよ甲斐駒ヶ岳のピークに到着です。

179 174

162 164

祠のある甲斐駒ヶ岳のピークは360度の大展望です。一面の雲海に浮かぶ鳳凰三山には地蔵ヶ岳のオベリスクが良く見え、その奥には夏山シーズンで多くの登山者を迎えているであろう富士山も見えます。そして鋭い三角錐は北岳にその稜線伝いに間ノ岳の白峰三山方面の姿も。そして昨日歩いたたおやかな仙丈ヶ岳もきれいな山容も見せてくれました。

185 187 さて次は摩利支天へ向かいます。仙水峠からは甲斐駒ヶ岳と同じ高さに見えた摩利支天もだいぶ下に見えます。砂礫帯の足元は滑りやすい…ただ、今回の山行から履き下ろしたトレッキングシューズのグリップ力はなかなかなものでした。

186_3 194途中、分岐から10分ほど登り返すと摩利支天のピークです。甲斐駒ヶ岳のピークと違い登山者は誰もいませんが、摩利支天からの展望もすばらしいものがあります。特に目の前にそびえる甲斐駒ヶ岳の姿は圧巻です。ここで簡単に食事を済ませてから下山の準備を、そして六方石からは同じ道をたどり北沢駒仙小屋のテント場まで戻ります。

2日間の山歩きの余韻に浸りながらテントをたたみ後片付けを済ませ北沢峠のバス停に着くと、なんとも想像を超える長蛇の列が…しかしそれなりにバスも増発され臨時便で何とか広河原まで戻り、定時の山梨交通のバスで無事に芦安まで帰ってきました。芦安支所のバス停で下車、バスの扉が開くとそこには灼熱の地上が待っていましたsunwobblysweat01sweat01sweat01

黒く焼けた皮膚に西日が当たると痛い…しかしその感覚がはじめての南アルプスの良い思い出になったことは言うまでもありませんね。とても充実した今回の山行2日間も、またまた自分を大きく成長させてくれました。

成長:其の185

日本中には駒ヶ岳と名のつく山は多いですが、中央アルプスの木曽駒ヶ岳を“西駒”と呼ぶのに対して、この甲斐駒ヶ岳を“東駒”と呼ぶようです。

|

« 仙丈ヶ岳。 | トップページ | お花畑。(in仙丈ヶ岳) »

コメント

>書房さん

天気も良くsun
梅雨明けの3連休でしたから、
テント場はギッシリでしたよ…
何とか隙間を見つけてという感じでした。

書房さんも富士登山マラソンお疲れ様でした。
私も今週末に富士山を計画しています。
ただ、当然5合目から歩きでですがね^^

投稿: hide | 2008年7月29日 (火) 07時36分

うらやましいかぎりです。
ここまで快晴だと気持ちよさそうですね。
私も挑戦してみたいです。

参考までにお聞きしたいのですが
キャンプ場はギッシリではなかったですか?

投稿: 書房 | 2008年7月28日 (月) 16時30分

>Fjirouさん

やはり3連休でしたから、
大勢の人が山歩きを楽しんでいました♪
北沢駒仙小屋のテント場には
色とりどりのテントが所狭しと
設置されていましたよ。

投稿: hide | 2008年7月28日 (月) 07時35分

>もうぞうさん

たしかに天気は最高でした!
それが一番うれしかったですsun
私の駒はこの甲斐と木曽と箱根ですよ。
同じ3つですね^^

投稿: hide | 2008年7月28日 (月) 07時31分

前日より更にいい天気ですね!
皆さん連休に甲斐駒目指して来ているんでしょうね。
写真では写っていないけど
大勢の人が登山しているんでしょうか。

投稿: Fjirou | 2008年7月27日 (日) 20時28分

いや~最高の天気でしたね。
なるほど、駒は木曽と甲斐が双璧でしょうね~
余談ですが、私が登ったのは、越後と会津と木曽だけです。

投稿: もうぞう | 2008年7月27日 (日) 20時08分

>nousagiさん

ホント充実した2日間でしたgood
天気にも恵まれ最高のタイミングだったかと思います。
白峰三山にも行ってみたいですね。
この夏のアルプス計画はこれから立てますので、
じっくり考えてみます。

投稿: hide | 2008年7月27日 (日) 19時00分

充実した2日間でしたね。
天気がいいと山も2倍も3倍も綺麗です。
甲斐駒の頂上から見える北岳、間ノ岳なども
だんだん視野に入ってくるのかな?
楽しみですね。

投稿: nousagi | 2008年7月27日 (日) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134412/41982915

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐駒ヶ岳。:

» ★ベトナム サパ トレッキング 旅行★ [★厳選★ベトナム生活最前線生情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)山岳民族 (少数民族) の村をトレッキングしました!この日は生憎の土砂降り( [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 01時41分

« 仙丈ヶ岳。 | トップページ | お花畑。(in仙丈ヶ岳) »