« 新緑で生き返る。 | トップページ | 日向山。 »

2008年6月10日 (火)

編笠山。

723先日の6月7日土曜日に山梨県と長野県の県境にある『編笠山:2,524m』を歩いてきました。およそ1ヶ月振りの山歩きで、だいぶブランクが空いてしまったのですが…別に山歩きに飽きてしまった訳ではなく、単純に土日の天候不順と試験勉強が重なっていただけで…ちなみに試験もイマイチでsweat02
当日は朝7時に小田原を出発、いつもの通り箱根を越えて、東富士五湖道路で河口湖、御坂峠を超え一宮御坂ICから中央道で小淵沢IC、八ヶ岳高原ラインを経由し、歩きはじめとなる観音平まで3時間で到着です。
観音平には少し広めの駐車場が整備されていたが、当日は既に満車…接道する道の路肩に順序良く車が停められている。まさしくその風景はオンシーズンの富士山の様です。
さて、歩き始めは緩やかな登り坂が続き、久しぶりの山歩きには優しい道で助かります。1時間程度で雲海と呼ばれる小広い場所に着く。普段はあまり座り休憩をしないのですが、石のベンチが2つほど設置されていたため、しっかりと座り休憩をしちゃいました。そこから先は少しゴツゴツとした小岩歩きとなり、再び1時間程度で押出川に着きます。川と言っても実際には水は流れていないとガイドブックに書いてあったのですが、雪解け水でしょうか?しっかりと水の流れる小川がありましたね。更にそこから1時間強の急登を歩けば編笠山のピークへ到着です。
梅雨時の晴れ間のせいでしょうか?霞んでおり遠くのアルプスはよく見えない…ただ、ピークから見える圧巻な景色はやはり八ヶ岳の雄姿ですかね。私個人、間近で八ヶ岳の山々を見たことがなかったせいか、急に八ヶ岳を歩いてみたいと言う衝動に駆られてしまいました。

そんな気持ちもあり帰路は八ヶ岳方面に下山してみることに…進路を権現岳の見える方向へ、残雪踏みしめ小道の急坂を降ると権現岳のベースとなる青年小屋が下に見えてきましたよ。
674

その青年小屋で薪割りをしていた女性従業員の方にいろいろとお話を聞いてみたところ、テント場は1人800円で、近くには水場(夏場は水の出が細くなるが、涸れることはないそうです)もあるとのこと。当日も数張りのテントが設営されており、今年のアルプス山行の予行練習には最適な場所かなと!
そんなことを考えながら、テント泊の重いザックを背負いながら歩くことをイメージして観音平まで下山したことは言うまでもありませんね。

とまぁ、久しぶりの山歩きで太ももに違和感を感じながら、甲府市内のビジネスホテルに戻り、近くの居酒屋でおいしいビールが飲めたことに幸せを感じた1日でしたhappy02

|

« 新緑で生き返る。 | トップページ | 日向山。 »

コメント

>nousagiさん

いえいえ。
2日目に行った日向山は、
またまた参考にさせて頂いたんですよ。
編笠山はぜひお勧めします。
天気のいい日にのんびりと行ってみてください。
青年小屋で1泊と言うのもありではないですか?

投稿: hide | 2008年6月14日 (土) 13時11分

>Fjirouさん

山梨県はフルーツ盛りだくさんですからね。
サクランボ美味しそう♪
八ヶ岳は行ってみたいですよね。
意外に近くなので行ってみようかとも思ってます。

投稿: hide | 2008年6月14日 (土) 13時08分

>もうぞうさん

そうですね。権現岳・赤岳方面だと思います。
と言うのも周辺知識があまりないもので…
正確には分からないのです。
ただ、標識を見る限りそのようですよ。
赤岳登られてますね!いいなぁ~
私も非常に興味がそそられております。
とりあえず権現岳に行ってこようかと思ってます。

投稿: hide | 2008年6月14日 (土) 13時06分

また先越されました(笑)。
私も計画だけは立ててはみたものの
まだ行ってない、なかなか行けない山です。

チンタラ歩いて、タラタラHP作って、それを
宮里藍、野口健と並べて紹介していただくなんて
ホント、申し訳ないぐらいです。
感謝しているのは私のほうです。
それに最近では逆に私のほうが、
たっぷり参考にさせていただいてますよ。

投稿: nousagi | 2008年6月12日 (木) 21時57分

八ヶ岳綺麗ですね!私も行って見たいです。
私の相方が、近所の奥さん達と清里へさくらんぼ狩り
へ行ってきたばかりで、今日もさくらんぼを
もりもり食べました。

投稿: Fjirou | 2008年6月11日 (水) 23時30分

奥に見えるのが権現岳と赤岳方面でしょうか?
赤岳頂上小屋は見晴らし抜群で良いですよ~

投稿: もうぞう | 2008年6月11日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134412/41486528

この記事へのトラックバック一覧です: 編笠山。:

« 新緑で生き返る。 | トップページ | 日向山。 »