« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

雪を求めて。

401南関東では桜が満開とのニュースが流れておりますが、私は雪を求めてこんな景色の見える所を歩いてきました。まぁまぁ天気にも恵まれ、今までで一番いい雪山歩きだったかなっと。

今日は遅いので…明日以降にアップしますねsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

本能?習性?私だけ??

Image041会社のトイレです。
時々小便器の中に置いてある緑の玉、そこへめがけて無意識におしっこをしてしまうのは私だけでしょうか?
この記事は何の意味もありませんが、たまたまそんなことを感じてしまった今日この頃の「雑感」ですconfident

成長:其の166

体外に排出された尿に含まれているリン酸塩、カルシウム塩、尿酸などは酵素により分解されて難溶性の化合物となり、トイレ排水管の詰まりや、悪臭の原因となる尿石となります。
配管中に付着した尿石は、洗剤や水洗い等の清掃でなかなか落とすことができないため、この緑の玉で尿石の付着・生成を防止しているようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

望遠鏡。

何だか最近はホントに暖かくなってきましたね。そんな日ですから、お隣の二宮町にある吾妻山に散歩に行ってきました。山といっても200m弱のお山ですから、家族連れや老夫婦などなどでとても賑わってましたよ。その山頂には芝生が広がっており、富士山に箱根や丹沢、相模湾から大島まで望める気持ちよい山頂なのだそうですが、当日は霞んでいて眺望は微妙…

357

356

353

でも、タダで見れる望遠鏡を見つけ覗いてみると、意外にこれが楽しいんです。皆さんにも見せてあげたいなとデジカメを近づけてシャッターを切ったら、ちゃんと写るじゃないですか!きっと写っている船は、昨年の台風で壊れた西湘バイパスの復旧工事のためテトラポットを運んでいる船ではないかと思われます。

ちょっと子供心に戻って、望遠鏡を覗き続けてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

2008年“春”。

300東京・静岡・熊本でソメイヨシノの開花宣言が出された今日、お隣の南足柄市を流れる狩川沿いにある桜が満開になってましたよ。ここには旧足柄桜と言う桜が101本立並び、ソメイヨシノより少し早く春を運んできてくれてましたcherryblossom

325桜の香りが漂うなか、足下にも目を向けてみると、菜の花と菜の花の隙間にも小さな春がいました。
そうですツクシンボがニョキニョキと背比べをしてましたよん。

お墓参りの帰り道に見つけた春。ポカポカ陽気に誘われ集まった人も、犬も、小鳥も、虫もみんなニコニコ顔、いよいよ春の訪れを実感させてくれた日となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

メガ。

Image042←これ。酔っ払って携帯電話のカメラで撮ったものでして…
ブレててすみませんcoldsweats01

昨日、会社の同僚と飲みに行った時に出てきた「メガたこ焼き」です。中にはイイダコが1匹丸ごと入っており、ちなみにハサミで取り分けますsweat01最近は「メガ」が流行ってますよね。その流れに乗ったものものでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

外国産ビール。

272 春分の日、外はピープーと強風が吹き荒れています。そんな日は家でまったり飲もうと、お土産で貰ったタヒチのビール。
海外のビールは薄味であまり好みではないのですが…

これは日本のビールbeerに近い味で美味しかったですね。

とまぁ~家でのんびりしてしまった1日でした。

成長:其の165

タヒチ島(Tahiti)は南太平洋フランス領ポリネシアに属する島で、その最高峰は標高2241mのオロへナ山です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

小物ポケット。

291以前から欲しいと思っていた山歩き用の小物バックです。
今まではパンツのポケットに入れていた携帯電話とデジタルカメラをひとつにまとめて収納することができます。

はじめはクライミング用のチョークバックを探していたのですが、チョークバックでは蓋がなく落ちる危険性があるため、ちょうど良いものを見つけることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

新旧混合。

Image042_2 Image046

先日の金曜日、前勤務先の上司・同僚と奥湯河原温泉にある“上野屋”に泊まりの飲み会に行ってきました。趣のある木造建築の旅館内部は、まるで迷路のような構造になっており、歴史の長さを感じるも古臭さはなく、隅々まで手入れが行き届き、きれいで感じの良い旅館でした。それにしても木造の階段の急なこと…酔っ払いには少し危なかったですねcoldsweats02
そんな旅館も時代の流れには逆らえないのか、屋上にはきれいにリフォームされた総ヒノキの足湯設備がありましたspaこのような設備をしないとお客さんも呼べなくなってきているのでしょうかね。まぁ、宿泊客にしてみれば、ないよりあった方が良いに決まってますがね。

美味しい料理に美味しいお酒、たわいもない話に昔話で花を咲かせて、満足満腹な時間を過ごしてきましたhappy02
というお話でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

春の香り。

215_2暖かくなりましたねsun
花粉も飛んでますが、春の香りも風に運ばれてきます。先週ですが小田原フラワーガーデンで多種多様の梅を見てきました。梅ってこんなに種類があったとは知りませんでしたcoldsweats02
全部を見て回ろうと思っていたのですが、たくさんありすぎて途中からよく分からずに…。その一部をマイフォト“hanaphoto”でご紹介しますね。
お暇でしたら、是非どうぞhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

感じる春。

Amedastemp140020080311230000以前も書いた気がしますが、私は空気の匂いで季節の変わり目が分かるんです。季節が変わると空気の匂いも変わるのですが、今日退社時に匂いの変化に気づきました。

本日の小田原市は午後2時に16.6℃まで気温が上がり、一般的にも春がやってきたようですcherryblossom

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

熱中できるもの。

256久しぶりに箱根の山を歩いてきました。最近は県外の山へ行くことが多くなり、箱根の山はかなりのご無沙汰でした。
高コレステロール血症改善のため歩き始めた山を再び歩き、思ったより短く感じた自分がそこにはいました。アンパンマンの歌ではありませんが、今の自分は何のために山歩きをしているのかな?当然、高コレステロール血症が改善された訳ではなく、その改善のために継続しているのもあるのですが、そればかりではなくなっているのも間違いないこと。山歩きと言う熱中できるものを見つけたことは、自分のなかで大きな財産になったと思う。おかげで見たことのない景色にも出会うことが出来ました。きっと山歩きをしていなければ、富士山の頂上から見た景色も、涸沢から見た3,000m級の山々も、一生見ることはなかったでしょうね。まぁ、その景色を見なくても人間は生きていけるのですが、逆に見れたことで損もない訳で…どちらかと言えば人生経験に深みが出せたのかなとも。
山歩きに限らず、人間は何でも熱中できるものを見つけることの大切さ、これって意外に重要なことなのかもしれません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

切り傷。

281痛いんです…
だいたい慌ててるときにスパッとやってしまうんですよねcrying
そうです、原因は紙ですmemo
なかなか治らず痛みは深い…
皆さんもご経験ありますよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

歩め30代。

山歩きを始めて3、4年が経ちました。と言うことは30才をきっかけに山歩きを始めたことになります。体を動かすことが大っ嫌いだった20代…しかし山歩きを始めてからは身体も心も軽くなったし、仕事疲れも残らなくなった。なにより日々の充実感が違いますね。そんななか『ヤマケイJOY』春号に、そんな私を後押ししてくれたような特集“30代から始める山登り”があった。

Photoメタボリックと言う言葉が一人歩きをしている昨今、同級生や同僚にも「山歩きをしてもらいたいなぁ~」なんて思い。特集のなかにあった言葉を紹介してみようと今日の記事となりました。

30代は人生の通過点runまだまだ発展途上の身だけれど、青臭いことも言っておられずsweat02自分の生き方には責任をとらなくちゃいけない年代sweat01働き盛りhappy02でやりがいのある仕事や地位を得ているgood一方で、プレッシャーやしがらみなんかも怒涛のごとく押し寄せるdashそんな世代こそ、ときには山の中でfuji大きな深呼吸が必要だ。山は明日の元気をくれるclover疲れたり迷ったりsign02することもきっとある。だけど信じる道を進めばめざす山頂が待っているfoot山と人生は似ているhappy01

これを見てくれた同級生や同僚、そしてどこかで生活している30代の方々…山を歩いてみませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

生きる意味。

何のために生まれて、何をして生きるのか、
答えられないなんてそんなのは嫌だ!
今を生きることで熱い心燃える、
だから君は行くんだ微笑んで、
そうだ嬉しいんだ生きる喜び、
たとえ胸の傷が痛んでも。

何が君の幸せ?何をして喜ぶ、
分からないまま終わる、そんなのは嫌だ!
忘れないで夢をこぼさないで涙、
だから君は飛ぶんだどこまでも。

これって何だか分かりますか?
分かる人はあっという間に分かるでしょうが、
分からない人にはさっぱりでしょうねgawk

正解はこちら

そう、日本を代表するアニメ“アンパンマン”の主題歌ですね♪
あまりにも印象的なメロディーで音を聞けば分かる人も多いと思いますが、いざ歌詞からでは分からないかもしれません…
でも、その歌詞は…30歳を過ぎて社会の波にのまれ、同じことを日々毎日繰り返し、何も考えず淡々と生きている人間には、とても意味深く哲学的なものに感じます。

自分は何のために生まれ、
何のために生きているのでしょうか?
何ために生きているのか分からなくても、
何を幸せと感じて生きているのでしょうか?
きっと1度しかない人生なら、意味あるものでありたいです。
その答えが見つけられれば意外に幸せかもしれませんねconfident

アンパンマン奥深し!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »