« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

mont-bell.

115943228最近のお気に入りブランド“モンベル”です。
シャミース製品など冬の山歩きに限らず日常でも活躍してくれる商品を提供してくれている国内ブランド。

何よりも高機能な割りにリーズナブルな価格設定であるコストパフォーマンスの良さも魅力です。

登山用品の大半が海外ブランドを占めるなか、日本製の魅力も捨てがたいですね。『日本製/国産』に対するイメージ、人それぞれ感じ方は違うのでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月28日 (月)

人間って…

昨年の今頃、同じタイトルで記事を書いた。
当時、席を並べていた上司が急逝したときのこと。
1周忌の法要の案内がきていたころ…

お世話になった前支店長がガンで亡くなった。

闘病されていたのは知っていたのですが、
また現役の方が亡くなってしまいました。
一緒に仕事をしていない私を、
飲みにゴルフにといろいろ面倒を見てくれた方でした。

ガンとの闘病は壮絶だったようで、
割腹のよかった姿は見る影もなく…
私の目には別人にしか見えないほどでした。
数ヶ月前にお会いしたときには、
痩せたと感じたもののそこまでではなかったです。

しかし苦しい顔はしてませんでした。

生きていれば出会いに別れは付き物ですが、
一期一会の精神で毎日しっかり生きていこう。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

888.

今日は【ろーかるらいふ】を始めて888日目となったようです。とりわけ区切りの日とかではないのですが、『8』と言う数字は末広がりを連想していいことがありそうな気になりますね。そんな日本人は多いんじゃないでしょうか?888日前に始めた【ろーかるらいふ】の記事数は、この記事で492となり、2日に1つのペースで書き綴っているようです。意外に少ないですね^^;

【ろーかるらいふ】の主旨である『成長』はどの程度しているのでしょうか?人生日々成長できたらいいですもんね!途中で結果を求めずこれからも少しづつ成長できるよう書き綴ろう♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

霧氷。

052 053

南関東に住み、普通の日常生活を繰り返している人間には見ることの出来ない景色がこの“霧氷”と言われるもので、丹沢でも12月~2月頃に気温が氷点下になった日の午前中にお目にかかれるようです。なんとも言えずきれいな景色、そんな自然が作り出す圧巻な光景に時間を忘れる私でした。

成長:其の158

霧氷(むひょう)とは、氷点下の環境で空気中の過冷却水滴もしくは水蒸気が、樹木などに衝突して凍結もしくは昇華することでできる白色~無色透明の氷層の総称。自然現象としての着氷現象で樹氷・粗氷・樹霜の3つに分類されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

雪降る丹沢。

026有給休暇を取ってまで来た山歩き、どこへ行こうか迷っていたものの丹沢表尾根線の稜線歩きをすることにしました。
が、当初はこのヤビツ峠(標高761m)まで車で上がってくる予定(車で走っている途中に引き返しています)でしたがご覧の通り…スタッドレスタイヤやチェーンを持っていないため麓の蓑毛(標高約350m)まで戻り歩き始めることにしました。

004蓑毛は標高が低くく雨が降るなかの歩き始めとなりました。足下はグチャグチャでしたが、見上げる山々は白く雪化粧しており、雨から雪に変わるのも時間の問題だなと感じました。

019

歩き始めて1時間ほどで辺りは真っ白!雨も雪に変わり歩く環境は良くなってきました。ただ、寒いだろうとレインウェアの下に着込んだTHE NORTH FACEのダウンが暑い…登る時の体温調整は今後の課題です。

034 トップのアップ画像にあるヤビツ峠を越えると本格的な雪模様に。そこから続く林道歩きですが、車の轍で圧雪された雪がツルツル滑るんです。スタッドレスタイヤは滑らないのに私のトレッキングブーツは滑る…
ミゾのないソールのせいか?ホントの原因は分からないのですが、とりあえず用心のため軽アイゼンを付けました。

042さて歩き始めて1時間半、ここからが本格的な山歩き開始です。何度も歩いた道なのでルートは分かるのですが、先行する方が1人だけいるようでトレース(踏み跡)がついてました。その踏み跡をなぞるように歩きます。なぜなら現在進行的に雪が降っているものですから、新雪が深く歩きにくいのです。

058

069とは言えホントに歩きにくい…一歩踏み出すたびに20㎝くらい沈み、深いところでは膝辺りまで沈んでしまいます。ラッセルしながら進むと言っては大げさかもしれませんが、通常より体力は使うし時間も食う…いやはや未知の世界です。

059この状態だとアイゼンは不必要?雪が凍りついている訳ではないし、とりわけ滑るところもない。雪の下の足場が分からない不安はあるものの、結局地面まで足の裏は届いてない。

ただ、たまに凍ったところがあるので軽アイゼンは付けっぱなしです。明日以降、この雪が融けて再度凍った時のことを考えると…今週の土日辺りは危険な気がします。

077082_2 そんなこんなで『三ノ搭:1,204m』ピークまで片道7.2㎞の登りを3時間弱かけて歩いてきました。いつもより何倍も疲れた感じがします…本来ならここから搭ノ岳を目指す予定でしたが、あまりの雪深さにヤセ尾根やクサリ場をクリアーできるのか不安に思い、今日は断念しました。もう少しきちんと計画をして準備も整えてから再チャレンジしてみます!
でもまだ雪山歩きは始めたばっかりです。今後もっと雪山を体験し経験を積んで要領をつかんでいきたいと思います。結局ピストンで歩いた14.4㎞の雪山歩きは、今日も私を成長させてくれたような感じがします♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

休暇願い。

Mk_map雪山にいてもたってもいられず、ホントに休暇願いを出してしまいました^^;
明日はフリーです!さぁ~どこ行こう?と久々に丹沢の地図を広げてアレコレ考えてます♪

ちなみに明日(1/23)小田原の天気予報は「雪→曇」です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

関東に雪が降る条件。

関東の平野部で雪が降る条件。
それは大陸・日本海側に高気圧があり八丈島のやや南側を低気圧が通過する冬型の気圧配置で、関東上空1,500mの気温が-3℃以下というもの。

115943217_2昨日はその雪予報どおり小田原周辺に雪が降り、箱根や丹沢などの山々が雪化粧しました。先日も記事に書いたのですが、最近は雪山に興味津々♪今なら長野県まで足を延ばさなくても雪山歩きが出来る!

この雪が融ける前に…有休でも取って丹沢に遊びに行っちゃおうかな♪って少し本気で考えてます^^;

成長:其の157

低気圧は反時計回りに渦を巻いてます。
そのため八丈島より北側を低気圧が通過してしまうと関東地方に南風が入り込み、気温が上がるため雪にはなりません。また、日本海側に低気圧があっても関東地方に南風が入り込んでしまうため雪にならないようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

1日何回?

ふと思ったのですが…1日に何回おしっこに行きますか?

173 そんなこと人それぞれだと言われてしまえばそれまでですが、私は5回~10回くらいですかね。しかも水分を摂取するとすぐ(すぐといってもそれなりに経ちますが^^;)に行きたくなるんですよ。しかも苦手のコーヒーを飲むと、コーヒーの匂いがするおしっこが出ます。

少し汚い話になってしまいましたが、ちょっと思ったので記事にしてしまいました。悪しからず^^;

成長:其の156

おしっこの生産量は水分摂取量にもよるが、1日約1.5㍑。人生80年の間に出す尿の平均量は約35㌧といわれています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

シャミース。

Logo40 115943216

mont-bellの軽量ながらとても暖かく肌触りのよいフリース素材が冬の山歩きをとても快適なモノにしてくれます♪それは最近のお気に入りアイテム“シャミース”です。以前、ミッドウェアとして購入してから指あり指なしインナー手袋も、マフラーも、ネックウォーマーも、み~んなシャミースで揃えました。

寒がりなあなた!是非、お試しあれ~

成長:其の155

シャミース™は、人間の毛髪の10分の1という極細のマイクロファイバーを密に編んだ素材。重量が1平方ヤード当たりわずか5オンスとたいへん軽量ながら、繊維間に多くの安定した空気を蓄えることができるため、その薄さからは思いもよらない保温力を発揮します。暖かさと通気性のバランスがよく、運動量の多いアクティビティで着用しても、汗の蒸気を効果的に排出。表面は、細番手のシャモアクロスのような非常に滑らかな短起毛地で、素肌に触れても極めてソフトな肌ざわりです。濡れても絞ればすぐに乾きます。

【今日の数値】
体重58.3㎏・体脂肪率19.4%・基礎代謝量1,300kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

入笠山。

115943213もう一つ山選びの方法として利用するのは“山と渓谷”などの月刊誌です。今回、無性に雪山体験をしたくなったきっかけをくれたのはこの“ヤマケイJOY”です。

115943168そこで特集されていた「雪山への招待状」には雪山初心者にお勧めの山として『入笠山:1,955m』が紹介されてました。当日の宿泊先があった甲府市内から中央道にて甲府昭和ICから諏訪南ICへ、そして富士見パノラマスキー場の駐車場に着いた時には外気温マイナス5℃の世界。スキー場のゴンドラを利用して標高1,750mへ一気に高度をあげると辺り一面の銀世界。
115943159やっときました念願の雪山歩き!期待に胸膨らませ入笠湿原方面に足を進ませます。少し下り気味の登山道でしたが乾いた雪で足元は滑りません。昔見たスタッドレスタイヤのCM通り、乾いた雪は滑らない。

115943200 冷たい空気が凝縮され凛と感じる無音の世界。持っていたぶどうジュースもシャーベット状になっており、外気温はいったい何℃になっているか分からないくらい低かったと思われます。

ただ、はじめての雪山歩きに寒さを忘れ歩みを進めていると、まもなくマナスル山荘などがある御所平峠に到着しました。
ここから入笠山ピークまではそれなりの登りとなるようで、せっかくなので軽アイゼンを付けてみました♪
115943175 115943204

115943202_2 115943206 山歩きをはじめて2年ちょっと、こんな感覚・景色ははじめてでとても楽しい♪トレースもしっかりしているので迷う心配もなく、はじめての雪山でしたが安心して挑めました。そして御所平峠から30分ほどで入笠山ピークに立つことが出来ましたよ。
115943195このピークからは八ヶ岳、南・中央・北アルプス、富士山など360度の大展望が広がっているようですが、当日は曇り空が広がり所々ガスも立ち込めて眺望はなし。しかしそれ以上に楽しい雪の感触を思う存分味わってました。この雪山歩きは病み付きになりそうな予感が…^^;

115943207 ちなみに富士見パノラマスキー場に戻ってきてからは、麓までスノーボードで下りてきました。実質、一石二鳥の体験でしたが、心の中では一石何鳥か分からないくらい収穫のあった日となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

茅ヶ岳。

115943212最近の山歩きはこの“日本百名山地図帳”をメインに“関東日帰りの山ベスト100”を併用させて行先を決めてました。という事で2008年最初の山歩きも百名山かと思いきや…

先週は暖かい日が続いた関東地方ですが、成人式を含めた3連休で一気に冬型が強まり甲信地方では雪になったようです。そう2008年最初の山歩きは「雪山」を歩いてみたいと山梨県北部にある『茅ヶ岳:1,704m』を選んでみました。
それともう一つの理由として、山好きの方なら百も承知なのでしょうが、ここ茅ヶ岳は百名山の著者“深田久弥”氏が登山中に亡くなられた山と言うこと。今の私の生活に百名山は少なからずいい影響を与えてくれている訳で、その感謝の意も込めて2008年最初の山に選んだ訳です。

115943134 115943155

深田記念公園の駐車場に車を停めて山歩き開始です。
が、ご覧の通り雪の「ゆ」の字もありませんでした…いくら山梨県とは言え標高2,000m以下の山にはあまり雪が積もらないのでしょうかね。少し残念な気持ちになりながらも、しばらくは明るくゆるい登山道をのんびり歩きます。女岩を過ぎた頃から徐々に高度を上げていき、大明神岳のコルで尾根に出ます。
115943142 尾根沿いにピークを目指し高度を上げていくと、しばらくで「深田久弥先生終焉の地」があります。その後方には、先日歩いた金峰山が雪をまとっている姿で見ることが出来ました。その後は一息で茅ヶ岳山頂です。

115943143 115943144

ピークからは360度の眺望があり、雪を冠した八ヶ岳に南アルプスの山々と昨日の記事にアップしてある富士山をきれいに見ることができました。ただ、そのピークには極寒の風が吹いており、むき出し部分の顔と写真を撮る手が痛くなるほどでした…

2008年最初の山歩きも無事に終了。予想?予定?に反して雪がなかったものの、いい景色の恵まれ2008年も幸先の良い山歩きになりました。その当日夜は甲府市内の居酒屋でキムチ鍋とビールで祝杯をあげ、翌日の山で雪に出会えることをお願いしてみました。

成長:其の154

日本百名山を書くにあたり、深田久弥の信条として『自分の足で頂上を踏み、自分の眼でその山を確かめた上でなければ、書かないことにしている』(「山と高原」61年3月号)としていたが、当時たった一つだけ登る前に連載が書かれた山が“有明山”だそうです。その後も登ることがなかったため、単行本では“奥白根山”に差し替えられました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

2008山行START。

1159431532008年はじめての山歩きに出かけてきました。今回は「雪」を求めてのプチ遠征を1月13日と14日で計画して先ほど帰宅。
気温も一気に下がり氷点下の山歩きとなりましたが、個人的に貴重な体験ができた山行となりました。明日以降に更新していきますので、2008年新たな山行もお付き合いしていただければ幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

穀。

115943130 115943132 十八穀ごはんです。発芽玄米・黒米・赤米・黒豆・小豆・大豆・米粒麦・はと麦・黒ごま・白ごま・もちきび・たかきび・もちあわ・ひえ・とうもろこし・ホワイトソルガム・キヌア・アマランサスだそうです。普通にお米をといでパックに入っている十八穀を混ぜるだけで出来上がり。麦ごはんを食べている私にとっては意外に美味しくいただけました。

成長:其の153

雑穀には食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年1月 7日 (月)

七草。

115943129惣菜ですが…七草サラダなるものを発見し購入。七草粥を食べる予定はなかったのですが、このようなものを見つければ食べたくなるのが私の性。七草意外にもいろいろ混ざっているようで普通に美味しかったです。

アイデア勝ちですね☆ってすぐに負ける自分かぁ。。。^^;

成長:其の152

七種粥・春の七草…今日は玉井人さんのブログ記事で成長させていただきました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年1月 6日 (日)

厄除け。

115943121私事ではないのですが厄除けのお願いに西新井大師に行ってきました。ここは川崎大師・観福寺大師堂と併せて関東厄除三大師と言われている場所です。まだまだ初詣の方も多く大変賑わってましたね。護摩の受付を済ませ護摩堂へ向かうも人が多くて入れずじまい…でも護摩札はきちんと頂いてきました。

115943126

この西新井大師はどうやら“草だんご”が有名らしいですね。帰り道の参道で試食用の草だんごを配っており、その美味しさに釣られてついつい買っちゃいました^^;

115943124

で、個人的なホントの楽しみは登山用品のショッピングです。mont-bellや好日山荘・ICI石井スポーツetc.都内の店舗は品揃えが違いますね!でも結局何も買わなかったのですが…

今年中に買いたいものを数点pickupしてきました。購入都度、順次ご紹介していきますね^^

成長:其の151

関東厄除大師とは弘法大師を祀る寺院のことで、弘法大師とは空海のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

pottering.【in 静岡 Part4】

115943084 115943087

115943096 115943099

今日は午後からポタリングに出かけました。まだまだ日が短いので遠出は出来ません…箱根を越えて伊豆半島のつけ根にある伊豆の国市、合併前は韮山町と言ったトコでしょうか。
ハウスではいちご狩りが始まっており、菜の花も咲いてましたよ。全体的にのんびりとした田園風景が広がっており、ポタには適した場所ですかね。
115943090時おり富士山が顔を覗かせており眺めのいい場所を探していると、守山という小高い丘へつながる自然歩道を発見。ものの15分程度で山頂に着くと遮るものなく富士山が望めました。

115943093 その守山のそばには「北条政子産湯の井戸」なるものも発見。個人の敷地内と思われる場所にあり、個人で管理しているのでしょうかね?なんだか不思議な感じが…

115943105 そして伊豆地方ならではの「つるし雛」を展示している場所を見つけました。上から吊るした紐に可愛らしい人形がたくさん吊られてます。人形にはそれぞれ意味があるそうですよ。これは華やかな感じがしますね。

こんな感じで年末年始の連休も終了、明日から仕事始めです。今年1年もしっかり遊んで働こうと感じた今日この頃でした^^

成長:其の150

“北条政子”は伊豆の豪族“北条時政”の長女として生まれ、鎌倉幕府を開府した“源頼朝”の妻である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

母校の応援。

115943047 115943041 今年も行ってまいりました箱根駅伝の応援。我が母校「国士舘大学」はシード校ではありませんが、予選会を勝ち抜き3年連続の出場を決めてます。どこで応援しようかと自転車で走っていると、ちょうど小田原中継所の先に国士舘大学の応援ブースを発見☆卒業生であることを告げると“のぼり”で応援を!とのことで手渡されました。

115943049

4区の選手が二宮辺りを通過する頃から各大学の選手がアップを始めました。画像は5区山登りで区間賞5人抜きで「早稲田大学」の往路優勝に貢献した駒野君です。

ちなみに今年からワンセグ機能の付いた携帯電話に変えたため、選手を待っている間でも中継が見れます。これがなかなか便利なんですね^^

115943070 115943074

さてさて母校の「国士舘大学」なんですが、4区の阿宗君(左上:日テレのインタビューを受けてます)が区間記録まであと4秒の走りで区間賞に輝くと、その襷を受けた5区の川崎君(右上)が7人抜きで往路13位でゴール!目標としているシード権獲得も現実味を帯びてきました。

卒業して9年が経とうとしていますが、後輩達の頑張りに少し鳥肌が立ち感動しちゃいました。明日の復路も目標達成のため一丸となって頑張ってほしいものです!

成長:其の149

第1回の箱根駅伝とは…
1920年2月14日に有楽町の報知新聞社前から 東京高等師範学校(現筑波大学)、早稲田大学、慶応大学、明治大学の4校でスタートが切られました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年。

115943027本日、明治神宮へ初詣参りに行ってきました。例年、初詣の参拝者数トップの座を不動のものにしている明治神宮の様子はこんな感じでしたよ。明日以降は都内デパートのほとんどが初売りをするため、人出は今日以上じゃないかと思われます。。。

115943030

しかしまだまだ庶民は不景気なんでしょうか?お賽銭も硬貨ばかりでお札はあまり見かけませんでした…
いったい日本一の参拝者を集める明治神宮のお賽銭額はいくらになるのでしょうかね?
って罰当たりなことも思っちゃいました^^;

ともあれ今年も無事に山歩きが出来ますように!
と、この【ろーかるらいふ】にお越し頂いている方々のご多幸も併せてお祈りさせていただきました!
2008年もまたよろしくお願い致します。

成長:其の148

初詣の期間と回数は…
一般的に、正月三が日に参拝するのを初詣といっているが、1月中に参拝すれば特に問題はないともいう。また、回数に関する規定もなく。多数の神社仏閣に参詣すれば色々なご利益があるという説もあり、その場合神社・仏閣を特に問わない。それは日本人が基本的に宗教に寛容であるため、特に定められた規定はないそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »