« 地域貢献活動。 | トップページ | 富士登山。(お鉢巡り編) »

2007年8月12日 (日)

富士登山。(登山編)

115942256 昨日のことになりますが1度は登ってみたいと思っていた『富士山:3,775.6m』へ行ってきました。

当日は午前3時に自宅を出発してR1で箱根を越えて乙女トンネルを抜け、静岡県に入ると夜明かりにうっすら富士山の壮大な姿が見えてきた。そのシルエットにはかすかに山小屋の明かりとご来光目当ての登山者のライトが登山道を浮き上がらせています。何だか心弾みテンションがあがってくるのも分かります。

予定では人気ルート「富士宮口」から登ろうと思っていたのですが、お盆休みの今…マイカー規制も開始され“車”も“人間”も想像を超える混雑が予想されることから「須走口」から登ることにしました。「須走口」は他の登山口に比べ登山者が比較的少なく歩き始めに樹林帯も体験でき、自然を一番満喫できる登山道とのこと。その昔、皇太子殿下もここから登られたそうです。

トップの画像は早朝4時50分頃の「須走口五合目:約2,000m」から見た富士山の画像です。ただ当然に車は駐車場に停められず、ここより2㎞ほど下の道路に路上駐車。実際は4時ごろに到着していたのですが、高度順応を兼ね車中で朝食を摂り準備を整えたりしてました。そしてのんびり車道歩きを30分…さすが日本一の山ですね、全国各地のナンバーを見ることが出来ましたよ。そして五合目で無料のしいたけ茶を頂きながらイベント“SOYJOY”のアンケートに答え、山小屋の人たちからの「頑張っていってらっしゃい!」の声に送られいよいよ5時49分に登山開始。すぐにある古御岳神社で今日の無事を祈ったあと、しばらく樹林帯の中を登っていきます。

115942257 115942260

6時40分に六合目「長田山荘」<左>に到着です。ここは標高約2,450mで「富士宮口新五合目」とほぼ同じ標高…当初の予定だとここまで車で登って来れたのか…と思うとちょっと複雑な心境になりますね^^;
そこからはまた樹林帯の中を歩き、時々視界が開ける場所では下山道の「砂走り」が見えます。これが下山中のメインイベントになることはこのときは知る由もありませんでした…そんなこんなで7時7分に本六合目「瀬戸館」<右>に到着。ここは富士山で一番高いところ(標高約2,700m)生ビールが飲めると書いてありました^^v

ここからはだんだん木々もなくなり岩がゴロゴロしている道になります。イメージしていた富士登山の感じが出てきました。

115942264 115942267

7時50分に七合目「大陽館」<左>に到着。ここには白く大きなワンちゃんが数匹います。そのうち1匹は七合目だけに??ナナちゃんと言いますが、頭をなでようと思ったら歯をむき出しにしてワンワン吠えられてしまいました。。。
8時45分いよいよ3,000m越えを果たして本七合目「見晴館:約3,250m」<右>に到着。ここら辺からは次の山小屋がすぐ先に見えるようになり気持ちが少し楽になります。

ここからは下山道と共用部分が多く、砂礫がずるずる滑り、けっこう登りにくくなってます。

115942268 115942277

9時16分に八合目「江戸屋」<左>に到着。ご覧の通り皇太子殿下はここにお泊りになったとの事ですが、どうやって寝たのでしょうか?まさか一般人と雑魚寝ですかね??^^;
9時40分に本八合目「江戸屋」<右>に到着。ここで河口湖口からの登山者と合流するため、急に人が増えた感じがします。外国から来られた方もたくさん登っておられましたよ!そしてここではカップ麺が600円で販売されてます^^;

そしてここから山頂までは岩場が続きます。

115942281 10時10分に最後の山小屋「御来光館:約3,450m」に到着。ここからはすぐ目の前に山頂が見えるものの、近くて遠いとはこのことなんでしょうね。各々なかなか思う通りに足が出ないようで、一気に体力の差が出るポイントとなってましたよ。正直、私も頭を振るとズキズキしちゃう高山病特有の症状が少し出始めていました。

115942287 そして11時23分に富士山山頂に到着。駐車場から6時間15分、五合目からは5時間34分(休憩込み)で登り終えました。ゆっくりとペースを守ったのと合計1時間半以上休憩を取ったので、意外に山頂までは順調だったと思いました。

晴天の日に登れた富士山。感じることは多々ありましたね。これから数日…富士山ネタが続きますので、よろしくお願いしますね☆

成長:其の122

富士山には主な登山口が4つあります。
その特徴と言えば…
①河口湖口(吉田口):人気№1ルート。<標高2,305m>
 メリット:山小屋がたくさんあって休憩しやすい。
      山頂まで行かなくてもご来光を拝める。
      交通アクセスが比較的良い。
デメリット:ピーク時の八合目以上の大混雑。
      ピーク時のスバルライン、駐車場の大混雑。
      歩行距離が長い(富士宮口、須走口よりも長い)
歩行距離:15.1㎞(登り:7.5㎞・下り:7.6㎞)
②富士宮口:最短時間で登れるルート。<2,400m>
 メリット:歩行距離が短い。
      山小屋がほぼ等間隔に建っている。
デメリット:登りと下りが同じルートなので混む。
      柔らかな砂地が少なく下山時に足への負担大。
      日時によって駐車場が想像を絶する混み方をする。
歩行距離:10㎞(登り:5.0㎞・下り:5.0㎞)
③須走口:自然を堪能できるルート。<2,000m>
 メリット:人が少ないのでゆっくり登れる。
      樹林帯があるので自然を楽しめる。
      下山路に砂走りがあるので下りやすい。
デメリット:五合目が少し低い。
      八合目からは混んでいる。
歩行距離:14.0㎞(登り:7.8㎞・下り:6.2㎞)
④御殿場口:大砂走りが楽しめるルート。<1,440m>
 メリット:大砂走りの素晴らしい爽快感。
      人が少ないので落ち着いて登れる。
      富士山の雄大さを実感できる。
デメリット:富士宮口より新五合目が1,000mも低い。
      途中に山小屋が少なく、休憩しづらい。
歩行距離:19.5㎞(登り:11.0㎞・下り:8.5㎞)

【今日の数値】
体重59.8㎏・体脂肪率19.3%・基礎代謝量1,330kcal

|

« 地域貢献活動。 | トップページ | 富士登山。(お鉢巡り編) »

コメント

>もうぞうさん

ほとんどの登山者はご来光目当てらしいですね。
夜間では気温も低そうで大変そうです…
ただその見返りに素晴らしい景色が見れるのでしょうけど。
天気の保証は難しい山でもありますよね^^;

投稿: hide | 2007年8月13日 (月) 23時35分

>Fjirouさん

いやいや…
結局高山病にかかっているんですよ^^;
最後に調子乗りすぎちゃった感じがするんですがね。
それにしてもFjirouさんは何度も登頂していて
すごいですね!


投稿: hide | 2007年8月13日 (月) 23時32分

良い天気でよかったですね~
天気が保証されるなら、また登ってみたいです。
私はご来光登山でした。

投稿: もうぞう | 2007年8月12日 (日) 20時50分

hideさん こんばんは
私も登りましたよ!11日(土)に
お天気がよくて良かったですね~(^o^)
2km下から5時間半で頂上まで登ってしまうなんて
かなり早いペースですね、それで高山病にならないなんて
心肺能力がかなりありますね。
私は今年、自分のペースが分からなくなってしまい
いつも軽い高山病になってしまいます。
どうも標高の高い所には弱いかもしれません。
でも近くにあり簡単に雲の上の景色が見れる富士山は魅力的でまた行きたくなってしまいます。
私は須走口から登った事がないので何時かトライしたい
と思っています。
この後の富士登山レポ楽しみにしてます。

投稿: Fjirou | 2007年8月12日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134412/16086036

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山。(登山編):

« 地域貢献活動。 | トップページ | 富士登山。(お鉢巡り編) »