« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月27日 (火)

春まであと一歩。

1159297_1 1159299

最近は15℃を越える日々がつづき、だいぶ桜のつぼみもふっくらしてきましたよ。ここは小田原城址公園のお堀端沿いです。

東京では先週「開花宣言」が出されましたが、ここ小田原ではまだまだチラホラ程度…通常は関東でも温暖な地域として知られている小田原ですが、東京より開花が遅いのはナゼなのでしょう??東京はヒートアイランド現象と言われる人工的な熱が多く、気温が高いせいなのでしょうかね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

マイクロホイップ。

1159277 歯磨き粉の定番「アクアフレッシュ」ですが“エクストリームクリーンホワイトニング”と言うものです。まぁ、何かといえば『泡』がすごいんですよ、これ!細かい泡が口の中いっぱいに広がりモゴモゴに…
変で妙な感じだなぁ~と感じたのでチトご紹介してみただけなんですがね^^

ただそれだけです^^;

成長:其の98

歯磨き粉人気ランキング

1位:GUMシリーズ(サンスター)13.5%
2位:クリニカ(ライオン)13.3%
3位:クリアクリーン(花王)12.1%
4位:Ora2(サンスター)10.1%
4位:デンターシステマ(ライオン)10.1%
6位:アクアフレッシュ(サンスター)6.1%
7位:ホワイト&ホワイト(ライオン)3.8%
8位:デンターamino(ライオン)3.4%

(年齢性別対象なし、無作為445名)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

高指山。

1159285 (鉄砲木ノ頭から富士山・南アルプス・山中湖)

沖縄から帰ってきた日から中1日あけた3月18日に山歩きに行ってきました。場所は丹沢の西端に位置する『鉄砲木ノ頭1,291m』と『高指山1174.1m』です。ここは富士山と山中湖の眺望が抜群の場所と言うことで決めました!
一昨日まで気温20℃以上の沖縄・八重山諸島にいた人間には身に沁みる気温マイナス1℃…

1159278スタート直後から足下には雪まで積もっている始末…
しかし陽射しがあるせいか、そんなに寒くは感じないVw歩いているうちにいつも通り暑くなってきました。

今日の目標である鉄砲木ノ頭と高指山からはアップ画像にある景色が見える。景色が良いものだから食事には1時間以上もかけてのんびりと食べました。頭の上には羽田を飛び立った飛行機が西日本方面へ次々と飛んで行くのがよく見える!その飛行機からもきっときれいな富士山が見えているんだろうなっと思いました♪今年はこの富士山に登るのも目標の一つです!

今日は標高差220m程度の山歩き、これからシーズンを迎える山歩きにはちょうどよいウォーミングアップになりました!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

正解は…

1159412 正解は『ヤドカリ』でした。
玉井人さん正解です!

画像の中に比較対照物を入れればよかったですね。
大きさが分かりませんもんね^^;

しかし不思議な足跡を残すものです…ウミガメも同じような足跡を残すようですよ☆゛

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

さて何でしょう??

1159408

沖縄の海岸で見つけたんです。
さて、いったい何の跡でしょうか?

☆正解は後日☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

琉球建築。

1159388 1159376

赤瓦の木造住宅に石積みの塀、古き沖縄の伝統住宅の姿ですね。ここは石垣島から高速船で10分の所にある竹富島と言う島で、島全体が沖縄の古きよき時代の風景を伝えています。
左は一般の住宅で実際に誰かが住んでいます。右は郵便局で当然に営業してましたよ。

1159303 建物の門や屋根に、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除け、幸運招きなどの意味を持つ、獅子をモチーフとした伝説の獣“シーサー”の像が置いてあります。

このシーサーは2対で1対で、片方が口を開け、もう片方が口を閉じてます。その姿と理由は成長にてどうぞ☆

成長:其の97

『阿吽』(あうん)
1159298 1159297
阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれを宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。また、宇宙の他にも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃に喩える場合もある。
次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、シーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形、閉じている方を吽形と言う。

転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼びますよね。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年3月20日 (火)

沖縄フード。

1159403 沖縄そばの一つ、これは“ラフテーそば”です。骨付き豚バラ肉がのっている“ソーキそば”は有名ですね。これは豚の三枚肉(ラフテー)がのっているので“ラフテーそば”なのです。

1159427_1 そしてこれはピィヤーシ(ヒバーチ)と言うヒハツモドキの実を粉末状にした香辛料です。香りイイ胡椒の様なもので沖縄そばにかけると美味しくなります。個人的にはお気に入り品です!

1159404 そしてお馴染み“ゴーヤチャンプルー”です。チャンプルーとは複数の具材の炒め物の事で、メイン食材の名が頭にくる仕組みですね。豆腐がメインだと豆腐チャンプルーになります。

1159426 そして沖縄のビールと言えばオリオンビールですね。そしてビールの左手前にあるクリームっぽいものは“ミミガー”と言う豚の耳をピーナツ味噌で和えたもの…名前がそのままです^^;

1159324 最後に沖縄のほとんどの自動販売機には必ずある“さんぴん茶”です。何かといえばジャスミン茶ですね☆これは爽やかな味で沖縄の気候には合っているのでしょう!

まだまだ沖縄ご当地料理はたくさんありますが、きりがないのでここでお開きとしますしますね^^;

成長:其の96

沖縄そばにはいろいろな種類があります。
沖縄本島では平打麺である場合が多い。一方、石垣島がある八重山諸島では断面が丸く、このような八重山諸島の沖縄そばを八重山そばと呼ぶ。また、八重山そばの具材にはかなぼこが入るのも特徴でもある。麺の形が異なるのは八重山そばだけで、それ以外の地域のそばは、麺の形はほぼ似たようなものであるが、それぞれに工夫がある。地域ごとにその地の名を冠して宮古そば(宮古島)、久米島そば(久米島)など、沖縄本島では名護そば(名護市)、与那原そば(与那原町)、やんばるそば(山原)などと呼ばれるものもある。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年3月19日 (月)

沖縄県最高峰ともう一つ。

1159348 沖縄でも登ってきましたよ。沖縄にある先島諸島のなかでも、平坦な地形を生かしリゾート開発が進む宮古諸島に対して、標高こそ高くはないが山岳部を持つ島々が八重山諸島である。その中でも沖縄県の最高峰で石垣島にある於茂登岳(おもとだけ)525.5mです。
アップ画像の中央にある山で、山頂にはアンテナらしき鉄塔が立っている。石垣島の真ん中に位置しており、島で一番高いトコだから島全体に電波を飛ばすには好都合なのだろう。

気温20℃以上で湿度80%…
なかなかタフな山歩きになりそうです^^;

1159327シダ系の植物がうっそうと生い茂ってる、こちら神奈川の山とは雰囲気が全然違う…ポロシャツにジーンズ姿、トレッキングシューズもなくラフな格好で汗をぬぐいながら50分で山頂へ。

1159333山頂では“リュウキュウチク”と言う背丈の低い笹により眺望はなし…しかし15分ほどわき道へ進むことで一部視界が開けるところがあるが、天候が悪くイマイチでした^^;

1159387 あと石垣島の北部半島にやけに目立つ山がもう一つあった。野底岳(ぬすくだけ)282.4m、別名“野底マーペ”と言う山である。標高は300mにも満たない山ですが、山頂が岩状で垂直に突起しているのでよく目立つ。

1159359 この山は一気に高度を上げる山道で登り坂がつづくつづく…
粘土質の赤土で、最近の悪天候で水分を含んでおりよく滑ります。
スニーカーじゃチトつらい…

1159363 最後の岩場も一気に詰めて45分で山頂へ!岩場の上に立ち下を覗き込むと「ぞぉぉぉ~っ」とするほど垂直に立つ岩場である事が分かる。しかし石垣島が360度見渡せ眺望はとても良し!手軽に登れる沖縄の山もいいですね♪

成長:其の95

八重山諸島には“ハブ”がいます。
ハブのいる島は「石垣島」「西表島」「竹富島」「小浜島」「黒島」
ハブのいない島は「鳩間島」「新城島」「波照間島」「与那国島」
しかし“ハブ”は気温17℃以下では活動が鈍くなるそうです。

ちなみに宮古諸島には“ハブ”はいません。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

40㎞/hで走るのは…

沖縄本島の那覇に着いた時、やっぱりこっちはのんびりしているなぁ~と感じた。
那覇から八重山諸島に飛び、石垣島に渡った時もさらにのんびりしている…と感じた。
そして石垣島から西表島に渡った時、その“のんびり”さは究極なものになっていた。11594701159364

アップ画像の軽トラに限らずローカルの車は皆、制限速度の40㎞/hで走ってます。はじめはその速度にイライラ…しかし地元の人にしたら「なぜそんなに急ぐ?」とばかりにそんなのお構いなし状態で、ただひたすらのんびり走る、走る。

急ぐ意味がないそうです…ほんの少し早く着くことに関してまったく意味のないことだそうです。時間に追われ“あくせく”生きる。そんなものはこの島には必要ないし、この島で生きる人には関係のないこと。まったく時間に対する概念が違うことを、宿のオーナーに教えていただきました。いつの間にか形成されていた自分の時間に対する概念が、こんなにもギスギスしているものだったなんて…今更ながら気づかされました。

それを聞いてから、この島にいるときは島のスピードに合わせようと40㎞/hで走るのですが、これって意外に難しいんですよ!3日間滞在してやっと最終日に慣れた始末^^;

西表島でカッとんで走っているのはレンタカーだけです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年3月17日 (土)

八重山には一人旅がよく似合う。

3月中旬になり当地では「うりずん」や「若夏(バガナツ)」と呼ばれる爽やかなシーズンを迎える。卒業旅行などと重なり旅行者も増え民宿も徐々に忙しくなってきたそうだ。
八重山での宿泊にはホテルと民宿に大別されるが、島の情緒・風情を感じるには民宿が一番!プライベートな面が希薄な分、島の人たちや同宿の旅人と親しくなれるのが魅力。
とは言え、アメニティグッズもなくテレビ・エアコンも有料の(テレビがない)トコがほとんどだけど…
実際はそんなものまったく必要なかった。

1159438 1159440

1159442 1159441

今回、お世話になった民宿は例外なくアットホーム感満載(まぁ民宿なので当然と言えば当然なんですが…^^;)の宿ばかり。
食事は食堂で机を並べ和気あいあいとやるので分かったことがあるのですが、男女問わず一人旅の方がたくさんいられます。石垣島から離れた離島ではさらに多くの一人旅の方がおり、特に女性の方が多いです。
きっと皆、何か日常の喧騒や嫌なことを忘れ人間本来の気持ち・心を取り戻しにやってきているのでしょう…そんな方々とお酒を飲みながら話をし、宿のオーナーの三線(さんしん:沖縄の三味線のようなもの)で島唄を聴き歌う♪

気の知れた仲間でワイワイもよし、恋人とリゾートホテルもよいですが、グループや知り合い同士で来ると他人とのふれあいは難しい…一人で民宿に泊まり、他人とふれあうのも旅の醍醐味ではないかと。
今回知り合った旅の仲間たち、まだ旅を続けている方がほとんどだと思います。

みなさ~ん『よい旅を!!』

| | コメント (6) | トラックバック (5)

3月in八重山諸島。

1159362

3月11日(日)~3月16日(金)まで沖縄の八重山諸島に遊びに行ってきました。今回の目的は八重山に住む人々に合わせた“ろーかるらいふ”を体験しに行くことが基本です。

滞在中の気温は最高で25℃前後で最低でも20℃程度。薄手のシャツで問題なし!陽射しがでれば半袖ハーフパンツでOKの陽気♪もうこの時期に海開きが行われるのもうなずけます☆

1159366_1 1159455

1159480 太陽が顔を見せている頃は山にマングローブのジャングル、海に集落をひたすらトレッキング、そして月が顔を見せている頃は民宿に泊まり地元の方や旅行者と歌い語らい飲み明かしました。(実際は太陽も月も見えない曇りの日が多かったのですが…^^;)そんな“大自然”に“人々”にふれた日常回避の6日間放浪記(石垣島・西表島・竹富島)をしばらく綴っていきます。

成長:其の94

八重山諸島とは、東京より遥か遠く約2,000Km離れた島々。沖縄本島からさらに南西に位置し、石垣島を拠点に大小合わせて32の島からなる諸島群で、石垣島・西表島の周囲には穏やかな珊瑚礁の海が広がり、竹富島・小浜島・新城島・黒島などが点在しています。また珊瑚礁の海の外側には鳩間島や日本最南端の波照間島、最西端の与那国島などが波間に浮かんでいます。
石垣島と西表島を除いてほとんどの島が小さく、1日もあれば自転車や徒歩で回ることができます。(沖縄県内の島で西表島は沖縄本島に次いで2番目に広く石垣島は3番目です)
行政区域は1市(石垣市=石垣島)2町(竹富町=石垣島と与那国島を除いた全ての島・与那国町=与那国島)から成り立ち、行政・産業など生活の拠点となる石垣島から各島々へ高速船やフェリー航路・航空路線で結ばれています。

ちなみに石垣から
沖縄本島の“那覇”まで 411㎞
お隣の国“台湾”まで 277㎞

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年3月 7日 (水)

可もなければ不可もない。

1159273 1159274

大阪“あんプリン”なるものが置いてあった。
デザインも食い倒れ人形を意識しているのか?関東の人間からすれば大阪をイメージしやすいデザインである☆

1159276_1 1159275_1

誰も手をつけないので食べてみた。
抹茶プリンにあんこが入っていた…もともと相性の良いもの同士でありで何ら問題ない。1つの味より2つの味が楽しめるので口も飽きなく良いアイデアだなぁ~っと。
しかしお口直しにと“塩こんぶ”が一緒に入っているのが訳分からん?まぁ、これこそ可もなければ不可もない食べ物である。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

記念硬貨。

1159272 Kinenkahei_01_large

今年の1月23日に“南極地域観測50周年”記念硬貨が発行されました。だけど…昔に比べて記念硬貨を欲しがる人が少なくなった気がします。各金融機関・各支店に割り当てがくるのですが…必ずと言っていいほど余ります^^;
と言う訳で2枚だけ交換してきました☆デザインは南極大陸に太郎と次郎ですね。分かりやすくてよろしいです!

しかしこのような記念硬貨が発行されたことを知っている人って何人いるのでしょうか?コンビニとかの買い物で使ったら、偽造硬貨?おもちゃの硬貨?と思われてしまうかもしれませんね。
ちなみに自動販売機も反応するやつと反応しないやつがあり…何度も投入していると反応する時があります。
これっていいのかなぁ??

成長:其の93

全国での発行枚数は約642万枚だそうです。
各都道府県の割り当ては以下を参照してみてください。
http://www.mof.go.jp/jouhou/sonota/kokko/kk190116bessi.htm

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »