« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

熱海桜。

今日は仕事で静岡県熱海市に行ってきました。
気温も15℃前後まで上がり1月とは思えないほどポカポカ陽気でしたよ。

7ajsh0045 7ansh0059

今日は仕事の最中でデジカメを持っていなかったため携帯電話のカメラで撮影しました。
なので画像がいまいちとなってしまいましたが、実物では熱海桜がきれいに咲いてましたよ。

今は五・六分咲きと言った所でしょうか、昨年の2月15日にも同じこの場所を訪れていたみたいで、その時のことを思い出すと八部咲きくらいだったのかなぁ~と思い出します。
その時の画像も添付しときますね↓
http://locallife.air-nifty.com/blog/images/_26199.jpg

知らない間に、春が近づいて来ました!

成長:其の86

『アタミザクラ』は熱海市の木だそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

BCAA.

人間の身体の約60%は水分ですね。またその残りの半分(20%)は内臓・筋肉、皮膚、髪の毛、ホルモン、DNAなどのたんぱく質だそうです。日々の生活の中で肉や魚、卵、豆、乳製品などのたんぱく質を摂取し体内でアミノ酸に分解して吸収、そして脳内の情報伝達物質や筋肉のエネルギー源として活用しています。

最近、そのアミノ酸って流行ってますよね。

115826_2その中でも注目されているのが分岐鎖アミノ酸“BCAA”と呼ばれているもので、体内で合成できない「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3種類で筋肉組織のなかに多く含まれています。

で、難しい話ばかりで何かと言うと…
私の山歩きもスポーツ医学を取り入れようと言うものです^^;

山歩きをすると筋肉という巨大なエネルギー消費工場で血液中のブドウ糖が消費・分解されエネルギーになり、同時に問題児“乳酸くん”が発生します。この乳酸くんの得意技は筋収縮を妨げ筋肉疲労を起こし筋肉痛にさせること!とっても厄介な奴なんです。更に血液中のブドウ糖がいなくなると、今度は筋肉の中にあるたんぱく質をアミノ酸に分解してエネルギーとして消費しはじめます…つまり筋肉組織が損傷し筋肉痛になります。

成長:其の85

BCAAには乳酸の発生を抑える効果があります。さらにBCAAを摂取することで筋肉組織の損傷も抑えることが出来ます。要するに筋肉痛になりにくくなるのです。
さらにBCAAは摂取後30分程度で血中濃度がピークに達し、約2時間でもとに戻ります。

ちなみに前回から使用しましたが、筋肉痛にはなりませんでしたよ^^v(まぁ、歩く時間にもよりますけどね^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

初体験も…

115846_1 今年に入り元日以来の山歩き、どこに行こうか迷っていたのですが、夏場に行けない東丹沢の三峰山(935m)に決めました。アップ画像の通り3つの峰が並ぶ山で標高こそ高くはないが、岩場・やせ尾根・砂礫の崩落地などがありクサリやハシゴでの登下降を繰り返せるルート、丹沢を一通り歩いた人には楽しいコースと本に書いてあった。

なぜ東丹沢は夏場に行けないのか…

115833それは「山ビル」が大量発生してしまうからなのです…毒こそないが血を吸われたとこからは出血が止まらなくなるようです。
そのため登山届ポストにはコレ→「ヤマビルファイター」なるものが、名前がなかなかです。

歩き始めた尾根道の途中「崩落箇所注意」や「無理をせず引き返す勇気が必要です」などと書かれた看板がありました^^;
115836 115837

物見峠に出た時に、雪化粧した丹沢山塊が広がってました。
アップ画像には昨年一通り歩いた搭ノ岳から中央の丹沢山、そして右端の蛭ヶ岳まで見渡せます。
115842

おぉ~すげぇ~きれい!と見とれていたのですが…
ん!?雪!?
まさか積もってないよなぁ…と思っているやさき案の定。
115855 115858

115859 115862

雪歩きなど平地でも慣れてない訳で…
ましてやアイゼンなんて持ってもいない訳で…
北斜面は雪が残り、過去の踏み跡が一度融けて再度凍りツルツル滑る…必死に慎重に真剣にゆっくりと歩きました。

無事山頂に到着したが、下山ルートでの雪が心配…
スタートの駐車場で居合わせた登山者、逆ルートでの山歩きだったようで登山道のコンディションを聞いてみると問題ないとのこと、よかった^^

115871_7 115874_4

下山ルートは南斜面で雪はない、ホッと安心で暖かい陽射しの中クサリ場を下っていく。予定より少し早かったので、途中ルート変更して『鐘ヶ嶽561m』に立ち寄り今日の山歩きは歩行時間6時間25分で終了です。
この山では崩落地やヤセ尾根通行・クサリ場・沢歩きと難路が多く、山の難しさは標高の高さに比例しないんだと実感、さらに雪道歩きが体験できたことがいい経験になった!

さぁ、今年の山行が始まりました!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

保険。

遭難する人しない人…
こんな見出しで始まった2月号の“山と渓谷”

115824記事を読めば読むほど不安になってくる内容…山歩きを始めて2年程度、今年はアルプスの山にもチャレンジしたいと思っている今日この頃、調子に乗ってくる頃が一番危ないのかなぁ?と自覚しています。

山で遭難すると莫大な費用がかかることを知った。
お金がないから捜索しなくていいとはいかないですし…
捜索・救助にヘリコプターを使用した場合、警察・消防・自衛隊のヘリなら無料らしいが、民間のヘリが使われれば1時間当たり約50~70万円程度の費用がかかるらしい。
人員の方も警察・消防・自衛隊ならば無料なのが、民間救助隊(山岳会・猟友会・林業組合など)が出動した場合は1名につき1日6時間捜索で約7万円以上の費用がかかるそうです。
1日で発見・救助されれば良いが、何日も捜索が続けばご想像の通りですね…

正式名『遭難捜索救助費用担保特約付き普通傷害保険』に入ろうかと検討中です。

成長:其の84

【ハイキング保険】軽登山または一般登山の時。
【山岳保険】山岳登攀の時。
保険上の山岳登攀とはロープやヘルメットなどの登攀用具、ピッケルやアイゼンなどの雪山登山用具を使用するもの、また登山用地図に道記号のないルートを選択する場合、さらには一般登山道でも上級ルートは含まれるそうである。
なのでハイキング保険の適用内は観光旅行程度やお散歩並みに安全な低山ハイク程度と解釈されている。

なので年間を通じて全国の山へ出かける場合は「山岳保険」が無難だそうだ。
(注)保険内容の詳細は保険会社に要確認事項です!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

うこん。

30歳を過ぎ…最近、お酒が次の日に残る。

115818

先日、法事の時…実は二日酔い気味でした^^;
その法事で居合わせた兄からこれ→ハウス食品の“ウコンの力”が二日酔いに効果的との情報を得た!

これは秋ウコンの成分を凝縮した清涼飲料水で、飲んだ翌日の朝スッキリ目覚められると理想的な言葉が記載されていた。

これは試さなければ!との事で購入。
結果は後日紹介しますね^^v

成長:其の83

ウコンはなぜ二日酔いに効くの?
ウコンの黄色い部分はクルクミンという物質で、肝臓の働きを活発にする成分として有名である。
では肝臓の働きとは何でしょう?
胆汁をつくり余分の炭水化物をグリコーゲンに変えて貯蔵し、有毒物(アルコール等)を解毒する働きがある。
要約するとクルクミンにより肝機能を向上させ、解毒作用を高め二日酔いを防ぐというもの。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2007年1月22日 (月)

ガリガリ君。

115811 世の中にはさまざまなアイスがあるが、その中でも一番好きなのは赤城乳業の『ガリガリ君』である。12月18日に新発売した“ガリガリ君リッチミルクミルク”を買ってみましたw

普段は柑橘系のアイスしか選ばないのですが、大好きなガリガリ君の乳製品系も試してみようというもので…一言で言えば『爽』のような食感の棒アイスでしたね。
私なり(さっぱり系大好き人間)の評価では可もなければ不可もなかったです^^;

しかし、ただ今売られている『ガリガリ君』には他に…
「ふじりんご」「みかん」「ソーダ」「コーラ」「グレープフルーツ」「いちご」「マンゴー」「グレープ」「白桃」「マスカット」「夕張メロン」「りんご」があるそうで、そのほか仲間に「ガリ子ちゃんクリームソーダ味」と「シャリシャリ君ソーダバニラ味」があるそうだ。
そんなにたくさんあったとは…しかしほとんど見かけたことがない…地域限定のたぐいなのかなぁ??
昔あった「梨」が私の一番のお気に入りなんです☆
赤城乳業さん、再販してくれないかなぁw

成長:其の82

ガリガリ君SECRET4本立です。
①ガリガリ君のほっぺたの放物線はスフィンクスの頭の放物線と同じ曲線である。
②ガリガリ君のズボンには隠しポケットがあって、いつも63円(税込み販売価格)が入っている。
③④はさらにくだらないので割愛します^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

Kamakura.

曇り空の中、鎌倉までサイクリングしてみました。
とは言っても藤沢の辻堂まで車で来ちゃったんですけどね^^;
辻堂駅から海岸方面にこぎだしR134へ、そこから江ノ島まで海沿いのサイクリングロードをのんびりと走る。

115812 またR134へ合流してのろのろ渋滞車を追い越しながら海と江ノ電と並走…ちょうど鎌倉高校前で江ノ電がやってきたw
なかなかのレトロ感がいい感じですね^^v

115813 その途中、線路と並走しているトコで珍しい光景に出会いました。玄関が線路の向こう…家に行くのに線路をまたがなくてはいけないんですよ!こんなトコがたくさんありました。

そして七里ヶ浜に稲村ヶ崎を通過、そして由比ヶ浜へ到着。
およそ片道10㎞強の道のり…気楽サイクリングにはちょうどいい距離ですね。

115816_1115815_1

長谷寺で長谷観音、高徳院で鎌倉大仏と定番をおさえてきました。ちなみにこの大仏さん20円払うと体内に入れるんです。
115823 そこで何やら並んでる窓口を発見、行ってみるとお爺さんがサラサラと達筆な字で何かを書いている。私もやってもらおうと“朱印帳”なるものを購入し書いてもらった。(ちなみに書いてもらうのも300円と有料…)
いろいろなトコで書いているようで、今度またこれを目的に鎌倉へサイクリングに着てみよう!

115819 帰り道、せっかく来たのだから定番の“鳩サブレ”を購入!これってバラ売りもしてるんですね。それなりの鎌倉ぶらり自転車を満喫し、こんなのも悪くないと思う今日この頃でした^^

成長:其の81

鎌倉の大仏は日本最古の免震構造。絶対に台座から落ちないように設計されているそうですよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

時の流れ…

時の流れも早いもので、今日は父親の七回忌の法要でした。
最高気温6℃で時折みぞれ混じり雨模様…寒い一日ですね。

1vxsh0016_1 お寺さんの景色?雰囲気?のなにかが違う??
そう、並べられてるのが座布団でなく椅子に変わってたのです。
最近は正座が出来ない人が増えたからなのか?
各家庭の食事風景もちゃぶ台からテーブルに椅子へ変わりつつあるのでしょう。

これも時代の流れなのでしょうねw

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ただいま!

115809 本日、日通航空便で帰ってまいりました!

PCのない生活(会社では別ですが…)も新鮮なものでしたが、私自身も風邪でダウンしてました^^;

今日晴れて共に復活です!
また皆様よろしくお願いいたします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

体力消耗…

_115808 ついにACアダプターとの接続が重症になり、体力補給が出来なくなってしまいました。

また明日から『TOSHIBA病院』へ入院することが決定し搬送されます。

あ~この更新も早くしないと…体力が持たないよぉ~
では、みなさましばらくお別れです^^;

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

箱根駅伝。

朝起きてテレビをつけたら箱根駅伝がやっていた。1位の東海大学が茅ヶ崎の浜須賀交差点を通過しているトコだった。

そういえば母校の国士舘大学は、箱根駅伝予選会で拓殖大学に1秒差で勝って出場を決めた!
『応援に行こう!』と行ってきました。

_115803 _115804

4区1位の東海大学から10分以上遅れて国士舘大学が20位で通過…最下位でしたね。

久しぶりの箱根駅伝の沿道応援、なんか楽しかったですね^^v
小さい頃はよく親父に連れられて毎年行ってました☆
当時、小田原中継所付近で東農大応援団が大根を使って応援しているのを見たり、各大学の応援旗などを貰ったりと楽しかったのを覚えてます^^

結果、我が母校は5区で学連選抜を抜かして19位で往路ゴール。1位順天堂大学とは18分53秒差ありますが、明日の復路も頑張って欲しいですね!
頑張れ!国士舘大学!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

2007年STARTだぁ。

_081_2 (三ノ搭から富士山方面)

「鷹」と「なすび」には出会えませんでしたが、肝心の「富士」には会えました^^v

ここは表丹沢の『三ノ搭1,204.8m』です。朝3時半に起きて5時から山歩き…そうです!初日の出を見に来ました☆
夜明け前の街中は0℃…となると当然ここは氷点下…
う~ん、寒かった。

ライトを持って歩き始め、見上げれば空には手が届きそうな星がたくさん!振り返れば湘南地域の夜景も広がってましたよ。
_018_1 _037_1

参考に同じ様な風景↓を昼に撮った画像も添付しときますね♪
ちなみにこれは昨年の10月9日に「蛭ヶ岳」に行った時の「竜ヶ馬場」で撮った画像で“江ノ島”“三浦半島”“房総半島”などなどが地図のように見えるんです。
Dscf074888

とは言えここ山頂は寒い!ガスで沸かしたお茶も量が少なくなると凍り始める始末…暖かいうちに体内に入れないとです!
_022 _095_2

そいてメインイベント“初日の出”もきちんと拝めましたよ^^v
_043 _052_1

_077 _080

帰り道、明るくなってよく分かったのですが凄い霜柱なんですよ!なんで人間は霜柱を見ると踏みたくなるんでしょうね^^;
_101 _102

さすがに元日だけはあってすれ違う方々との挨拶は
「おめでとうございます」でした^^
下山後もまだまだ時間があったので山頂に阿夫利神社(上社)のある『大山1,252m』へ登ることに!
初詣も兼ねられ充実した一日でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »