« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

晴れるかな?

_115801 次の朝日は初日の出。

今年もっともお世話になった丹沢で、なかでも山へ対する気持ちを変えてくれた表尾根「三ノ搭」で初日の出を見ようと考えてます。

さて見れるかな?ってもうこんな時間…ガキ使SP見てないで早くお風呂入って寝なきゃ…しかしテレビから離れられないよぉ~

では皆様、良いお年をお迎えくださいねぇ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

洗い流して…

先日の海水シャワーで塩まみれになったマーチを洗い流しに、丹沢の麓「秦野市」の洗車場までドライブがてら足を延ばしてみました。天気の良い年の瀬、皆考えることは一緒で洗車場はいっぱいの大繁盛でしたね。

_11576_1

この時期の洗車は手に厳しい…
しかしこの洗車場は温水が出る親切設計!磨きに磨いてきれいな夕日に丹沢の山々が写りこんでおりますよ^^v

ついでに先日切れたヘッドライトを交換。

_11577

_115799

が!助手席側のポジション球も切れてたとは…
気づかなかった、明日にでも交換しなきゃです。

でもでも、その前に自分の車も今年中に洗車したいものだ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

簡単に…

_11570 今日は面倒なので“レトルトカレー”で夕食を済ませた。
しかし“レトルトカレー”とは言ってもいろいろな種類があるものですね☆びっくりです!
せっかくなのでチト高めのこれ→『100時間かけたカレー』をチョイス。なかなか楽しみでしたが私は普通のカレーの方が好きみたいです^^;

以前、インド料理店でカレーを食べた時もそう思いました…私の舌って庶民的なんですね^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

爆弾低気圧。

Q9uoqpsh0019_s4_2

Rteoqgsh0014_s4_2 Pi2oqesh0008_s4_3

今朝の国道135号線下り(熱海・伊豆方面)の風景である。

12月には珍しく台風のような低気圧が過ぎていったあと・・・海岸線にはまだ低気圧の影響が出てました。
この高潮の影響で通勤路のR135は波をかぶり片側通行、朝から大渋滞で遅刻しそうになる始末・・・^^;その渋滞の合間に携帯電話のカメラで海を撮ってみたのですが恐ろしいくらいの高波が押し寄せ、車は海水をかぶって塩まみれです。。。

この後、このR135は通行止めになり小田原から西(伊豆方面)は孤島のようになってしまいました…通常、小田原と伊豆方面を結ぶ道路がこのR135のみで、抜け道が一切ないこと自体が非常に問題なのである。
以前も高潮の影響でこのR135は1日中通行止めとなった…その時は箱根を登り1時間も遠回りしたのを覚えてます…しかし今日は夕方頃に通行止めが解除されたのでよかったw

さぁ、今度の休みは洗車です!!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年12月26日 (火)

立ち枯れ…

_1149最近、足繁く通っている丹沢。その丹沢山塊には杉などの植林帯が多くみられるなか、関東南部には珍しくまとまったブナ林もあり、なかには樹齢300年を越すブナの巨木もたたずんでいます。しかし、その丹沢の山々にも深刻な荒廃が進んでいる場所が目立っている。

立ち枯れなどの荒廃も90年代から急速に進んでいる状態で…その原因は人間。主要因とされている「酸性雨」「温暖化」「鹿による食採」は元をただせば全部人間の仕業である。
首都圏に座する山塊ゆえに現代社会が活発に活動すればするだけ「酸性雨」と「温暖化」の原因となる生活熱と大気汚染を発生させブナは立ち枯れる。そして平野の開発により追いやられた鹿は山々の下草を食採し山肌をあらわにする。その影響により立ち枯れて痩せた山肌は風雨で浸食され崩れ落ちる。

ブナの大樹からは人間誰しも大きなエネルギーを感じ、ブナ林特有のゆったりした時間の流れが実際の月日の営みと重なり人生を振り返らせる郷愁があるそうだ。

誕生から始まる人生もブナも…実生→若木→成木→大樹となり、やがて自然に枯れて土に還る。そしてまた土は新しい生命を育む。しかし酸性雨により立ち枯れた木は、朽ちても虫も草も寄らず土に還らないと聞いた。
結局便利さを追求しかけがえのないものを失う…その事実に気づいた時には手遅れとなっていることも多く、現状復帰させるには気の遠くなるような時間が必要となる。
私も含めほとんどの人間はそのことを百も承知している…人間は自然と共生できる存在なんだろうか??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

重なるものはお好き?

昨日のとあるテレビ番組で女優“石原さとみ”さんの誕生日がであることを知った。

実家で鍋を囲んでいた時にそのことを知ったのですが、「いいねぇ~クリスマス・イブが自分の誕生日なんて!」と羨ましそうに言う母に対し、「そんなの嫌だよ!だってお祝い事が1回で済まされちゃうから」と思う私…

みなさんはどう思いますか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

鍋・なべ・ナベ・NABE。

200612241750000 200612241751000

お歳暮のカニナベセットが届いたと言う連絡を受け。
今日は実家で「鍋パーティー」となりました!「カニ」「ハタハタ」「ブリ」…なかなか豪勢な鍋となりました。

ハタハタなんて丸ごと全部4匹どぼん!はじめて食べたのですが卵がプチプチ…微妙な食感でしたね^^;

まぁ~兎にも角にも(とにもかくにも^^;)冬は鍋ですねぇ~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

豚白菜鍋。

_11569 やはり冬は鍋ですね。
今日の具財は“豚”と“白菜”のみ!白菜から出る水分でぐつぐつと。
ポン酢でさっぱり美味しかったですよぉ~^^v

それにしても、白菜からあんなに水分が出るのが不思議だ…

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年12月21日 (木)

再検査結果。

_11564 忘れていた頃、健康診断の再検査結果が返ってきた。
例の如く、半ば予想通りに高コレステロール血症は改善されるどころか悪化した…いったいナゼなんだ?????

決して運動不足ではない気がする、やはり食生活なのか??半分、あきらめモードになってくる結果である。

このままだと…このブログの根幹が揺らいでしまう…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

mova.

私の携帯電話【SH505i】です。

_11563何を隠そういまだにドコモのmovaを利用しています。
この携帯電話には伸縮するアンテナ棒があり、会社の後輩・同僚達には骨董品呼ばわりされております…

私の世代では高校までポケットベルであり、携帯電話が普及し購入たのは大学2年くらいの時でした。
それからこの携帯電話が4代目で、現時点で4年くらい使い続けています。最近では携帯電話番号ポータビリティ制度などが始まり買い替えようかな~と気持ちが傾いていたのですが、とある問題に気づいたのです。

それは最近の趣味『山歩き』で一番電波状況が良好なのは、私の使っている骨董品【NTTドコモのmova】なのです。
ドコモのFOMAも他社携帯電話も『山歩き』での電波状況はこの“mova”に敵わないのです!

と言うことで、しばらく買い替えはやめときます^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

柑橘系。

_1094 以前紹介した“南の国の高知アイス”ですが、前回購入した「ゆず」のほかに「ぽんかん」「文旦」もあった。
どれから食べようか…3日間は安泰だ☆

HPを見つけた…
http://www.kochi-ice.com/
まだ他にも「小夏」「山北みかん」「アイスクリン」??そのたもろもろあった。
やべぇ~食べてみてぇ~
(ちょっと口調が下品に…すみません)

成長:其の80

【アイスクリンとは】乳脂肪を使わず卵と砂糖そして脱脂粉乳で造られ、アイスクリームともシャーベットとも似つかない食感とさっぱりとした後口の良さをもった南国土佐“高知”では有名で長く愛された逸品だそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ハンバーグ。

HEARTLAND BEER。

_11559厳選された麦芽100%とアルマホップ100%のみを使用した生ビール!【KIRINBEER】曰く、素材のよさをそのままに苦味をおさえた自然なテイストと澄んだ香味、素直な味わいだそうで。

http://www.kirin.co.jp/brands/HL/index.html

国産ビールでは珍しいグリーンボトルに釣られ購入、昨日の山歩きのご褒美として「よし!!」このビールに合って体力回復にガッツリとしたものを食べようとこんなものを作ってみました^^v

_11561 直径約13㎝・高さ約4㎝・内容量約300gの牛豚合挽き“ジャンボ×②ハンバーグ”を作っちゃいました♪
肉汁たっぷりでなかなか上手に出来ましたよ^^

お~ぉぉぉ、今日はかなり高カロリーになってしまった…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

菰釣山。

_1133 (善六ノタワより am6:41)

今日は丹沢を代表する山でただ一つ残ってた『菰釣山1348.2m』へ出かけてきました。

標高こそ高くはないが、神奈川県側からのアプローチが悪い…今日は覚悟を決めて日帰りピストンで往復22.8㎞を歩くことに。スタートはいつも西丹沢の拠点となっている西丹沢自然教室でam5:45出発。

_1114 _1122

_1120 _1125

歩き始めは真っ暗…ライトを片手に沢歩きから始まる山歩きなのですが、どこに丸木橋が架かっているか暗くて分からない。
尾根道や稜線伝いであればなんとなく道が分かるけど、沢歩きではどこが道だかさっぱりわからない…ゆっくりライトで周りを照らしながら目印・案内表示・踏み跡を探していく。10月1日に畦ヶ丸へ登った時と同じルートであるためなんとなく記憶をたどる、まったくの初めてではコースアウトは確実でしたね。

_1134 前回約3時間かかった畦ヶ丸まで1時間50分で到着!ここまで4.8㎞でまだ半分も来てない…
ここから「モロクボ沢ノ頭」「大界木山」「城ヶ尾山」「中ノ丸」「ブナ沢ノ頭」と5つのピークを越えて目的地「菰釣山」へ到着。

_1141 _1142

あんなに晴れてた天気がどこへやら??一気にガスがかかり視界ゼロ。せっかく富士山がきれいに見えていたのにもったいない…

_11556 冬至近くで日の入りも極端に早いこの時期、早く下山しなければまた真っ暗になってしまう…
それだけは避けようと必死に昇り降りを繰り返しながら稜線を歩いてく。

そんなこんなでpm4時05分に無事明るいうちに下山しマイカーが出迎えてくれました。

帰りに立ち寄った西丹沢自然教室の管理人と話をしたのですが、菰釣山はコース内容から通常12時間20分の行程で1泊2日が普通、日帰りピストンは立派だと言ってくれました^^v

今年の8月5日からはじめた丹沢山塊、134日目にして丹沢を代表する10の山のピークを踏むことが出来ました!
今年の目標はかろうじて達成☆よかったよかった♪

成長:其の79

丹沢の山名(ピーク)を形で分類すると、△△岳、△△山、△△ノ峰、△△丸、△△ノ頭、他、分類に当てはまらない雑多なものとなる。この内、△△岳、△△山、△△ノ峰は山名として普通のものである。△△丸は、檜洞丸、畦ヶ丸、大丸、小丸(鍋割山の東方)がある。△△ノ頭は、固有の名称を持たない峰を沢の名を借りて呼ぶもので本間ノ頭、モロクボ沢ノ頭、棚沢ノ頭などがある。(本間沢、モロクボ沢、棚沢からなど)
他には表尾根の岳ノ台、ニノ搭、三ノ搭、新大日、木ノ又大日。大倉尾根の花立。搭ノ岳から北に日高(ひったか)、竜ヶ馬場(りゅうがばんば)。檜洞丸の北西に大笄(おおこうげ)、小笄(ここうげ)。姫次(ひめつぐ)から西に袖平(そでひら)、風巻(かざまき)。大山三峰山の北に鍋嵐(なべわらし)。鍋割山の南に栗ノ木洞(くりのきどう)。栗ノ木洞から西に谷を渡り檜岳(ひのきだっか)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

Standardな剥き方。

どっちから?

_1110_1111

みかんを食べる時、どっちから剥きますか??
私はアップ画像右側のへそ?おしり?(以下“へそ”と書きますね)の方から剥いて食べます…しかし今日、昼食中にへそから剥いて食べてたら『何でそっちから剥いてるの?変だよぉ』と新人MさんとK次長に言われてしまいました。
2人曰く、ヘタ側から剥くと内側の白いスジみたいなものもきれいに取れるんだとか…

生まれてこれまで何の疑いもなくへそから剥いて食べていたのに…今日の昼食時間は一気に少数派に。。。

えっ!?いったいどっちがスタンダードな剥き方なんだ???

成長:其の78

『みかん』にはヘスペリジン(ビタミンP)と言う栄養素がある。そのビタミンPはビタミン様物質と呼ばれるもので、ヘスペリジン・ルチン・エリオシトリン等の総称、これらビタミンPのうちみかん由来のポリフェノールがヘスペリジンと言い、みかんの実の部分よりも皮・袋・スジに多く含まれているそうです。みかんの皮は食べれませんが、袋やスジは実と一緒に食べた方がヘスペリジンをしっかりと摂取できGOOD!!
そのヘスペリジンは柑橘類に多く含まれ、従来から健康維持のため重要な栄養素で、具体的には「毛細血管の強化」「血中コレステロール値の改善効果」「血流改善効果」「抗アレルギー作用」「発ガン抑制作用」などがあると言われていますよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

水筒チェンジ!

_1107 _1108

今まで長く付き合ってきた水筒とお別れすることにした。
と言っても今までの山歩きで水筒(代わり)に使っていたのは左のエスエス製薬“北アルプス自然水”の2ℓのペットボトル。それに水道水を入れて使いまわしながら愛用してましたw
しかしこれからは“SIGG”の1ℓをお供に♪
実際、2ℓも要らないんですよね…コンパクトに1ℓで!これで少しザックにスペースが作れます^^v

しかしホントは欲しい水筒があったんですよ…
今度見つけたら紹介しますw

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

鮨炙菜【KICHIJI】。

_1105

以前勤務していた支店の時、歓送迎会などでもよく使ったトコ【KICHIJI】で夕飯とした。

今日も寒い1日だったので鍋がいいかなぁ~
あったあった“牡蠣ナベ” う~ん美味そうだぁ^^v

_1106 _1096

_1104 _1101

また、締めで食べた“炙り寿司”も美味しかったよぉ~☆

最近、大学の友人「あくわひがし」のブログ『さんさんごご』(リンク集参照)で紹介されていた“柚子こしょう”が炭火地鶏焼きに付いてきた。
う~ん確かに美味しいなぁ♪

| | コメント (6) | トラックバック (1)

お歳暮。

お世話になった人にお礼を…

_1097 _1099

とは言っても親だけなんですがね…
近所の百貨店へお歳暮を買いに行ってきました。あれやこれやと目移りするラインナップを揃えており、自分で欲しくなっちゃうものばかりでしたね^^;

で、その気持ちが移ったか!?
購入したのは『北海道カニ鍋セット』!さっそく親に連絡してお歳暮が届いたら連絡ちょうだいって…^^;

「一緒に楽しく食べよう!!」と伝えておきました♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

すき焼き。

_1091 今日は朝からシトシトと雨が降り続け、朝より日中の方が気温が低いという一日。
こんな日は暖かい食べ物がいいですね!と言うことですき焼きにしました^^v

すき焼きにビールの相性は抜群です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

小田原市アンケート。

_1089 先日、小田原市より【第5回小田原市の取り組みに対する満足度と重要度に関するアンケート】と言うものが届いた。

これは「住所」「氏名」「生年月日」「年齢」の情報をもとに、18歳以上の者を対象に無作為に3,000人が抽出されたらしい。
平成18年11月1日現在で小田原市の人口198,959人の中から3,000人に選ばれたってことは総人口の約1.5%足らずだ…すごいなぁ~とチト関心^^

その目的は将来の事業計画など市政の運営に反映させると言うもので、とりわけ実感できるものとして市民税1%相当の1億円をこのアンケートの重要度の高い項目に予算配分してくれるらしい、悪くない試みである。

う~ん、個人的には「公園・緑地の整備」「小田原駅周辺の整備」にやや不満が…具体的に記入して改善していただければいいなと思う今日この頃です☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

初心に帰った明神ヶ岳。

_1083 (大雄山最乗寺道了尊)

今日は会社の仲間(ワンダーフォーゲル部)と明神ヶ岳に行ってきた。ここは昨年、山歩きを始めた場所であり、STARTは紅葉美しい大雄山最乗寺から歩き始めました。

昨年まではきつかった山も今では余裕を持って歩けるようになり、成長の足跡が伺えるようになった。歩くペースも安定し、呼吸も穏やか、脚にも負担なく歩け何ら問題なし!至って順調な山歩きが出来るようになっていたのが嬉しい。

しかし天気予報「晴れ」降水確率10%を覆し…登れば登るほど雲に近づく曇り空に「あられ」が降る始末。いつも山歩きに付き合ってくれる上司Ⅰ代理の雨男ぶりには頭が下がります。
_1062 _1059

だけど相模湾方面の景色はなんとか確保でき、手前小田原は曇り模様だったものの奥の茅ヶ崎・藤沢方面はいい天気でしたね。
_1067

下山後にビールと鍋で乾杯をして反省会☆しかし総勢7名で山歩きとは無縁のメンバーも含む山歩きとしてはなかなかいい思い出になったのではないかな?と思いました。
Ⅰ次長・Ⅰ代理・Y係長・K君・Uさん・Sさん、今日も一日ご苦労様でした!来年は富士山だね!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年12月 2日 (土)

横浜。

_1012

_1014_3 _1018

(神奈川県庁とイチョウ並木)

天気もよく自転車を持って横浜に遊びに行ってきました。
ここイチョウ並木は神奈川景勝50選に選ばれているんですよ、他にも歴史を感じる港町ならではの建物が多数残ってます☆

_1039

_1043 _1044

小腹も空いてきた…中華街で腹ごしらえと!豚まんとシュウマイ串をゲット!おなかも満足し体も温まりました♪
個人的には『華正楼』の肉まんが大好きなんです!

_1026 _1038

_1045 _1047

車を停めて自転車でアチコチと走り回ってきました。やっぱり自転車は便利ですね!

_1051 最後は“赤レンガ倉庫”で買い物をして帰ってきました^^v

成長:其の77



作詞:野口雨情 作曲:本居長世


1 赤い靴はいてた 女の子
  異人さんに つれられていっちゃった

2 横浜のはとばから 船に乗って
  異人さんにつれられて いっちゃった

3 今では青い目に なっちゃって
  異人さんのお国に いるんだろ

4 赤い靴見るたび かんがえる
  異人さんにあうたび かんがえる

http://classic-midi.com/midi_player/uta/uta_akaikutu.htm


この歌はご存知の通り、赤い靴を履いた女の子が異人さんに連れられて外国に行ってしまう物語仕立ての歌詞である。長い間、赤い靴を履いた女の子は異人さんとともに外国で暮らして居るものかと信じられてますが、実際は違う…しかも実は「赤い靴を履いた女の子」は実在の『岩崎きみ』と言う子なんです。
明治35年に静岡県で生まれ、赤ちゃんの時にいろいろな事情で母『岩崎かよ』に連れられて北海道に渡り母は再婚…相手の鈴木志郎と開拓農場に入植したも、当時の開拓地の想像を絶する厳しさから、やむなく3歳の「きみ」を子供に恵まれないアメリカ人宣教師チャールス・ヒュエット夫妻の養女に出すことを決意。「かよ」と鈴木志郎は開拓農場で懸命に働くも、静岡から呼んだかよの弟「辰蔵」を苛酷な労働の中で亡くし、また開拓小屋の火事など努力の甲斐なく失意のうちに札幌に引き上げる。その後、札幌の新聞社へ入社した鈴木志郎は、同じ頃この新聞社に勤めていた野口雨情(作詞者)と出逢う。雨情は生まれてすぐに亡くなった我が子のことを嘆き、その後、童謡「しゃぼん玉」の歌詞に想いを残した作詞家として世に名を残している。同じ家族構成ということもあり、両家族が急速に親しくなったある日、「かよ」は片時も忘れたことのない「きみ」への思いを雨情に打ち明け、我が子を手放してしまった後悔と新しい両親のもとで幸せになってほしいという願いが交錯した母の心情に雨情は強く心を打たれ、母が子に寄せる愛情に感動した思いをそのまま詩に綴ったのが「赤い靴」。「かよ」は死ぬまで「きみ」はヒュエット夫妻とアメリカに渡り、元気に暮らしていると信じていたのですが…
しかし赤い靴の女の子は異人さんに連れられて行かなかった…ヒュエット夫妻が任務を終え帰国しようとした時に「きみ」は不幸にも当時不治の病といわれた結核に冒され身体の衰弱がひどく長い船旅が出来ないため、鳥居坂教会の孤児院に預けられることに。その後、鎖された薄暗い部屋の中で「きみ」は病魔と闘い続けるも高熱にうなされ、一人寂しく9歳の生涯を閉じてしまう。「かよ」が「きみ」の悲運を知ることなく、この世を去ったということはこの悲しい話のせめてもの救いであったのですが、雨情が作詞の際に「きみ」の消息を知っていたなら、名曲「赤い靴」が生まれることはなかったと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »