« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

しょんべん小僧。

小田原駅には昔からこんな奴がいた。

_173_1 『しょんべん小僧』である。
3年前に小田原駅がリニューアルされ、その存続が危ぶまれていた!?感があったが…今でも立派にご健在でしたよw
本場はベルギーのブリュッセルなんでしょうが、なぜここ小田原駅に居られるか知りませんが地元では意外と有名人なんです。

ちなみに『しょんべん小僧』『しょうべん小僧』では、どちらが正しいんでしょうね??

話は若干変わりますが、昔の小田原駅は不便で不便で仕方ありませんでしたね…東口と西口は入場券を買わなくては通り抜けできず、ぐるっと回り道をすれば10分弱はかかる始末。さらに地下通路だったから大雨の時なんて雨水が浸水し通行不可!どうしてもってなら水に浸りながらホームへ向かう…一体なんだったんでしょうね^^;
しかし今では高架の東西自由連絡通路に駅ビル完備!明るくキレイで広々とした駅舎に生まれ変わり、鉄道5社が乗り入れる駅らしくなりましたよ。

世の中、便利で機能的で新しいものにどんどん生まれ変わっていきますが、昔の懐かしさ暖かさがあり、和める建物が少なくなっていくのも時代の流れなんでしょうかね…少々複雑ですが少しさみしいかな?って思ったりなんかしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

注意んガム。

Photo_3 運転免許証の更新手続きをしてきた。

そして交通安全協会に証紙を買いに行ったら、こんなものが置いてあったよ。
『注意んガム』中身はロッテの眠気すっきりガム“BLACKBLACK”なんですが、ナゼか非売品の表示…このビニール包装が非売なのかな?

最近は飲酒運転による死亡事故などがクローズアップされ、よくニュースで取り上げられてますよね。
自分一人でなく他人に迷惑をかけること「飲んだら乗るな」車に乗るなら最低限のルールは守らないとね!

成長:其の60

ガムは日本だけでも、年間150億枚も噛まれており、日本国民1人当たりに置き換えると年間100枚以上も噛まれています。
ガムを噛む前と噛んだ後で脳波を取ってみると、ガムを噛んだ後には脳波に変化が現れることが分かったようで、実際脳内の血流量がガムを噛んだときには著しく上昇し、ガムを「噛む」という運動は脳を活性化する力があるようで眠気抑制にも効果が認められています。

ちなみにガムには「瞬間の筋力増加」と「口臭減少」の効果も認められてるそうですよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

Rainwear.

_001_2

最近の山登りで雨に降られるケースが増えてきた…
てな訳で、mont☆bellのレインウェアーを買ってきましたよw

「山の天気は変わりやすい」とはよく言ったもので、午前中は晴天だったものの午後から一気にガスに囲まれ雨が降る。
山歩き経験者には「レインウェアー」は必ず持ってなきゃダメだよ!って…今さらながら分かってきた。

少々お高いのですが…最近のレインウェアーって軽いこと!『防水性』『透湿性』に優れたGORE-TEX採用のものがほとんどで、着心地抜群です。
色もカラフルでおしゃれになってきているから選ぶのに迷う、きれいな山に足を踏み入れるのだから、こちらもおしゃれして山歩きしなければ山に失礼ですよね^^

レインウェアーの出番なしの山歩きが理想なんですが、山の天気はどうなるか分からない…「備えあれば憂いなし」ですよね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

暑さ寒さも…

2006_09230201 『秋分の日』お墓参りに行ってきました。

だいぶ気候も穏やかになり、過ごしやすくなってきましたねw
ふと顔を上げてみると、そこには秋の空が広がってましたよ。

『暑さ寒さも彼岸まで』って、これからどんどん寒くなっていくんですね。

成長:其の59

高積雲(こうせきうん)とは、高度2,000m~7,000m程度にできる白い塊状の雲のことで、中層雲に分類される。まだら雲・ひつじ雲・むら雲とも言います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

462段+24段。

谷川岳をめざす登山者の最寄駅といえばここ「土合駅」である。

谷川岳に着く前にいきなり難所を迎えます…^^;
それはと言うと…

_003 東京方面からやってきたとき、目の前に立ちふさがる下りホームと改札口を結ぶ通路…なんと一直線につながる462段の階段!
何ゆえにこのような階段が…です。

_041 ご丁寧にこんな表示もされたます^^
階段脇にスペースがあるのですが、それは当初エスカレーターが設置される予定だったとか…
しかし1日に下線のみで4本程度の電車しかないようで、設置しても利用者が少ないとのことで見合わされていると、以前テレビでやっていたような気がします。

基本的に私のように車で来てこの階段を見物する人の方が多いようで、実際に電車を利用する人など皆無のような気が^^;
しかしJRもなかなかのことをします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

谷川岳。

_048 (万太郎山・仙ノ倉山方面 谷川岳より)

さて次の9月10日ですが群馬県と新潟県の境にある『谷川岳』へ行ってきました。

この日も天気予報は微妙なわけで、群馬県水上地方は曇/雨、新潟県も同じ予報…午前中が勝負と思いながら関越道水上ICへ着くと意外に晴れ間が広がっている!
しかし山々はガスに覆われており決してコンディションは良くない状況でした。

_054_1 田尾尾根から天神尾根の樹林帯を緩やかに登って行く、熊穴沢避難小屋を過ぎるといきなりクサリ場の急登がはじまる。
そこを一歩一歩と確実に登り高度を上げていくが、いっこうにガスは晴れず眺望・視界ともにゼロ…

_067_1 天狗ノ腰掛岩を過ぎ急斜面のガレ場となるあたりから、団体高齢者グループに遭遇し登山道を占拠され大渋滞に…
みなさん休憩の際は端っこに寄りましょう!マナー良くゆずりあいの精神で!!
とちょっと思っちゃいました。

_110_1 _118_2

_059_3

頂上付近の肩ノ小屋を通過したころ急激にガスが晴れてきたため、疲れた体にムチを打ち山頂『トマの耳1,963m』まで走ってしましましたよ^^;
そこからは↑真ん中のアップ画像のように一瞬ガスが晴れて、谷川岳最高点『オキの耳1,977m』までの稜線がくっきりと見えました^^v
そしてオキの耳へ移動して食事をとり、ゆっくりしてから下山の途につきました。

_047_2 _114_1

帰りにはすっかりガスも上がりいい天気に!行きの登りにはまったく見ることの出来なかった第一見晴(左)天神平(右)からの谷川岳の絶景も拝め、またまた大満足な登山となりました!

そして関越道を飛ばして帰路へと、翌日の仕事に備えましたw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

安達太良山。

_034_1 (安達太良山・牛の背方面 鉄山より)

9月9日、福島県へ再び戻って安達太良山へ行ってきました。

当日の天気予報、福島県中通りは曇/雨なのに会津地方は晴/曇とどちらを確認すればいいかも分からないまま最寄の二本松ICへ到着、そのまま岳温泉・あだたら高原スキー場方面へ車を走らせるも、今にも雨がこぼれそうなどんより雲でした…
しかしです!高度を上げるとガスを突き抜け雲の上に!!一転、頭上はまぶしい太陽が元気に輝いてましたよw

_157 ここは秋になると全山紅葉が広がる山だそうですが、当然まだまだ秋には程遠い時期であり気候…肌がジリジリ焼けるのが分かるなか山頂へ到着!そこは360度allview.
周囲には磐梯山をはじめ南東北の山々、眼下には雲海が広がる景色にしばし時間を忘れ見入ってました。

_172 お昼にはまだまだ時間があるため牛の瀬まで移動して船明神山へ稜線伝いに行ってみることにしました。
地元、神奈川にはない雰囲気にテンションはあがりっぱなしでチト興奮^^;

_052 その後も移動を続け鉄山へ。
ここは安達太良山に比べ人も若干少なく、船明神山よりスペースがあり、ここで食事をすることにしました。

19,224歩の山歩きのあと、あだたら高原富士急ホテルの温泉で汗を流し、翌日の山歩きに向け移動を開始しましたよ^^v

_190_5

_189_8

_169_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

LIVE小田原。

_001_1 (自宅から箱根・明神ヶ岳方面 pm.6:00)

雨雲の隙間から覗いた夕焼け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北歩き旅。part3

_126_1 _121_1

本州最東端ってしってますか?

意外とマイナーな感が否めないトコ、岩手県宮古市魹ヶ崎(トドガサキ)です。
この旅のなか、たまたま地図を見てて発見し行ってみることに

国道45号線から重茂半島へ県道41号線に入り姉吉へ、港に車を停めて歩きスタート!
てっきりすぐ着くのかと思いながら歩いていると案内板に3.8㎞との表示、意外にあるなぁとの感想です。

124 さすが最東端なだけあって日が暮れるのも早い!?
帰り道、残り1㎞位のトコで日が暮れて真っ暗に…
携帯電話のライトで足元を照らしながらの帰途、なかなかサバイバルな感じでした^^;

成長:其の58

その他の本州最端先。

最北端 青森県下北郡大間町 大間崎
最南端 和歌山県西牟婁郡串本町 潮岬
最西端 山口県下関市 毘沙ノ鼻

みなさん行かれたところはありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北歩き旅。part2

_055 (秋田県森吉山 桃洞滝)

秋田県森吉山はブナ原生林に囲まれ美しい滝が多いとのことで行ってきました。
目指すは『桃洞滝』と『安ノ滝』
当日の天気予報は雨…降水確率も高く気分は↓

まず目指すは桃洞滝。
森吉山野生鳥獣センターに車を停め山歩き開始!
_069 立川渓流沿いのブナ林を歩いてすぐに雨降りに…
しかし大きなブナ林が傘代わりに雨粒拾ってくれました。

_045 約1時間弱で桃洞沢沿いへ、丸木をピョンピョンと渡り沢沿いの岩盤を歩くこと数分で桃洞滝へ到着!
雨は降り続いてましたが、滝を見てたら降っているのを忘れちゃうくらいでしたね^^
緑鮮やかな1時間50分の森歩き、往復8.4㎞で10,850歩です。

そして次の目的地は安ノ滝。
そこへは森吉山の反対側まで車で移動!_073 が!!です。
駐車場のある安ノ滝園地までの道がかなりの悪路…私の車ではちょっとムリがあり、断念。。。
時間も17時近くと遅くなり、歩きも断念。。。残念でした(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北歩き旅。part1

_095 (秋田県田沢湖 9月7日)

先々週のことになってしまいますが、連続休暇をもらって東北方面へ遊びに行ってきました。

今回の旅の趣旨は『歩く』です。
普段、行けない場所を歩いてみたい!そんな気持ちで出かけてみました。
何回かに分けてアップしていきます。

とりあえずは食から…^^;
_128仙台と言えば牛タンですね!駅周辺で立ち寄り食べたかったのですが、意外にスケジュールがきつく弁当でがまん。。。
が!これが美味しいのって!!
タンがこんなにやわらかかったなんて知りませんでしたw

_115 コンビニで売ってた100%ももジュース。
これもご当地商品でしょうかねw
それにしても秋田県のコンビ二はローソンが多いこと!どこもかしこもローソンだらけ…セブンイレブンetc.を見なかった気がします。

9月6日~9月10日にかけて行ってきたこの旅は、
神奈川→東京→埼玉→群馬→栃木→福島→山形→秋田→岩手→宮城→福島→栃木→群馬→埼玉→東京→神奈川
走行距離2,288.1㎞を走りぬきいろんなトコを歩いてきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

丹沢主脈。

_001_3 _005_3

昨日、9月16日に日本百名山になっている『丹沢山1567.1m』へ行ってきました。
途中、人馴れしている?していない?鹿にもたくさん出会い疲れを癒してくれましたよ。

この山は周囲を丹沢山塊に囲まれているためピークハント出来ない山なんです。
と言うわけで何本かあるルートのうち、日帰り縦走ルートで景色のいい表尾根ルートで塔ノ岳を経由し、そこから丹沢主脈ルートで丹沢山へ向かいました。

ヤビツ峠→二ノ塔→三ノ塔→烏尾山→行者ヶ岳→新大日→塔ノ岳→日高→丹沢山

_011歩行距離17.4㎞を総時間約8時間40分(休憩含)で歩行数33,155歩と初めて3万歩を越えました!
山頂はガスがかかり眺望もない…すぐ隣には「不動ノ峰1,614m」があり眺望もいいらしい、なのにこれが百名山なのかなぁ…と思う感じでした。

昨年から始めた山歩き、登山ぽいのをと思い丹沢山塊へ足を踏み入れ1ヶ月ちょっとで丹沢4主峰のうち3つ「表丹沢の主峰・塔ノ岳」「西丹沢の主峰・檜洞丸」「丹沢の百名山・丹沢山」を制覇!あとは丹沢山塊(神奈川県)の最高峰『蛭ヶ岳』のみ!
蛭ヶ岳は日帰りが出来ないため1泊2日になってしまいますが、是非とも近いうちに登頂できればと!

_004 (中央左雲の中・塔ノ岳 中央右奥雲の中・丹沢山 三ノ塔より)
(左手前から稜線沿いが表尾根ルート)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

健康診断。

Photo_2 いよいよ今年もやってまいりました健康診断の日。
毎年、適度な緊張感に包まれてしまう1日なのですが、今年はどんな結果になるんでしょうか??

ちなみに…
今日中に知れる結果と言えば、身長・体重・視力・聴力・血圧なんですが、これらに関しては前年同様に問題なかったですよ^^v
しかし問題は血液検査、なかでも総コレステロールがかなり過多なため毎年再検査に…

今年の結果が待たれます。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

一応、ご当地です。

パソが入院中の9月2日のこと。

この日も残暑厳しい陽射しの中、タイガースVSベイスターズを観に横浜スタジアムへ行ったきました^^v
_017 試合は鳥谷・矢野の連続ホームランもあり、5対3でタイガースの勝利に終わったのですが今日の記事はそれではありません。
(過去の話題なもんで…)

_010 今日はこちら←
暑さしのぎといえば『カキ氷』です。
甲子園ではカチワリなどが有名ですが、ここ横浜スタジアムではみかんのカキ氷が大人気なんです。
内容はいたって簡単、みかんの缶詰をシロップごと氷の上に乗せるだけなんですがこれがくせになるくらい美味しいんです!
シロップの微妙な甘さにみかん本体の食感!ご自宅でも簡単にできますのでお試しあれです。

ちなみに番外編
_009 当日の始球式を務めたのはダウンタウンの松ちゃん!
あれこれ楽しませていたので、14時プレイボールが5分遅れちゃいました^^;
けど、なかなか楽しいものを見させてもらいましたよw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

負けへんよぉ~

我らタイガースは5連勝で首位ドラゴンズとのゲーム差4.0に縮まりましたよ!

2006091404710020jijpspoview001 今日は8回に鳥谷の2点タイムリー内野安打で勝ち越し、そのまま勝利!

8月後半に喫した中日・巨人からの連敗後は、ホント負けなくなってきました。しかしゲーム差以上に感じるのが負け数の差…
8つも多く負けてるおり、7試合も少なと言うのがゲーム差以上に響いてるなぁ~

しかーし!これから迎えるドラゴンズとの直接対決3連戦!目指せ3タテでゲーム差1.0だぁ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

鍋割山稜。

_031 (右・丹沢山 左奥・蛭ヶ岳 鍋割山稜より)

9月3日のこと。
東丹沢の玄関口である『鍋割山1272.5m』へ行ってきました。

ここはブナ林が広がるとってもキレイな山w
神奈川の山はほとんどが杉林の針葉樹…このような広葉樹の広がる山は珍しく、緑濃く目に鮮やかでとってもGOODでした。

山頂へは大倉尾根を登るルートが近道であるが、ここは通称バカ尾根と言われ…標高差1,200mの直線的な急登ルート…陽射しを遮る樹木もなく好きもんでなければ登る人は少ない…
しかも当日は素晴らしいくらいの晴天!大倉尾根を避けて登ることにしました。
その林道終点地、山頂にある鍋割山荘で使用する水がペットボトルで置いてあり、体力に自身のある方は運んでくださいとのこと!
トレーニングの一環として1本2ℓを運んでみました!!

_027それから約2時間30分弱で山頂到着、ペットボトルを山荘へ運び「ありがとう!」と気持ちいい感謝を受けました^^v
この山荘は鍋焼きうどんが有名とのことですが…当日の暑さではとても×②無理^^;
次回、是非とも食してみよう!

_037 その後1時間20分ちょっと足を延ばして以前行った表丹沢の主峰『塔ノ岳1,491m』までGO!
そして帰り、せっかくなのでバカ尾根を下ってみることに…まさしく名前の如く直射日光を受けひたすらまっすぐ下降↓これはたまらんですよ。
途中の花立山荘で400円のカキ氷を食し、その後も道なき道を下降↓し続けて総歩数22,525歩の6時間30分弱で下山完了。

これまたなかなかな山歩きでした^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

檜洞丸。

_033_2 (一番右 檜洞丸 9月3日塔ノ岳山頂より)

8月27日のこと。
西丹沢の主峰『檜洞丸1,601m』に登ってきましたw

昔は西丹沢の秘境と呼ばれていた場所らしく、丹沢山塊のなかでもルートによってはアルペン的なところもあり今後の経験にはいいトコだとのことで行ってみました^^v

_046 上のアップ画像ではいい天気だったのですが、当日は限りなく雨の降りそうな日…
上を見上げれば山にはガスがかかっており先が思いやられながらスタート!
と…いきなり道に迷ったが地図を見い見いなんとか登山道へ復帰^^;しばらくは沢沿いをのんびりと歩きゴーラ沢出合で休憩。

_081その後は山頂までの道をひたすら1,100m急登!!!とくに登りはアルペンぽいところもなかったけど、ガスに囲まれ景色がなく寂しいまま3時間弱で山頂へ到着しました。

_035_1 昼にカレーとラーメンを食し、ガスが濃くなってきたため早々に切り上げ下山…帰路は神奈川50景に選ばれている「犬越路」ルートで下山することにしたのですがこれが…
ガレた道にクサリ場、ヤセ尾根と…それにガスが濃くなってくるわ雨が降るわで…さらに沢沿い増水時丸木橋流出注意!…一歩間違えばという感じでまさしくプチアルペンでした。

帰路も3時間と総時間6時間弱の25,317歩となかなかの山歩きとなり、自信となりました!

ちなみに『檜洞丸』は『ひのきぼらまる』と読みます。
なんだか強そうに感じませんか^^

成長:其の57

「犬越路」とは 甲斐 武田氏 が 小田原 北条氏 を攻める際に、犬を先頭にこの峠を越えたことに由来するという言い伝えがあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

退院ですw

本日、日通便でTOSHIBA病院より退院してきました^^v

完全記憶喪失状態ですが…
新しい脳みそに移植され心機一転!本日より復帰します。

また、皆様よろしくお願いいたします。

<追伸>
前回の記事の内容が紛らわしいことになってまして申し訳ございません。入院したのはパソコンであって…私に関してはすこぶる元気でした^^;
そんななか、自分の携帯電話に関しては未だムーバを利用しているため閲覧不可のうえ、会社のパソコンでは閲覧禁止…誤解を招いている状況なのは小耳に挟んでおりましたが更新ができなくすみません…以後、気をつけますね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »