« 寒くなりましたから | トップページ | やはり… »

2005年10月11日 (火)

プリン体→尿酸→痛風

今日、足が痛いとのコトで医者によってくると上司が遅刻してきました。

スーツにサンダル姿、足を引きづりながらの出勤…医者には開口一番に【痛風】と言われたらしい、、、本人は決して認めたくないらしいが血液検査の結果は明後日分かるそうです。

私も昨年、痛風予備軍と言われた経緯がありまして(汗)。腕に湿疹ができたため医者に掛かったところ、アレルギー検査をやるとのコトで血液を採取されたのですが、ナゼか分かった結果は尿酸値が異常に高いとのコト。医師曰く「アレルギーなんて言ってる場合じゃないよ!早急に痛風対策をしなさい」とのコトでした(アレルギーは??)。短期間でしたがビールを控え水分を大量に取ったりしながら生活していたのですが、それから尿酸値の検査をしていないので現状はどうなのか知りません…しかし、今はなんとか平気そうです。

次長!痛風でないことを祈ります!!

成長:其の25

尿酸値の基準値は 正常値7.0mg/dl以下 <当時の私は8.1mg/dlでした>であり、平均値は、男性で4.0~6.5mg/dl、女性では3.0~5.0mg/dl。そのため男女ともに7.0mg/dl以上になると晴れて「高尿酸血症」と呼ばれ痛風予備軍の仲間入りが出来ます。
pool 尿酸値を上げてしまう要因には、体外からのプリン体摂取体内での勝手なプリン体生産の2つであり、よく世間ではプリン体の多いビールなどは控えるといいと言ってますが、実際には体内で生産されてしまう尿酸がほとんどを占めているので、食事制限をするよりか(しないよりしたほうがベターですが…)体内にある尿酸を体外へ排出することに重点を置くほうが賢い訳です。体内には約1,200mgの尿酸があり、1日で約半分の600mgもの尿酸が体内で勝手に生産されてしまうのです…いかにその尿酸を体外に出すかと言うのがポイントで、方法としては3つしかなく、①汗②大便③小便なのですが、尿酸は激しい運動をすると増えてしまう性質があるので①は賢明ではありません、②は回数を増やすのが難しい…したがって③を増やすことを心がけることが最大の予防策なのです!したがって利尿作用が高い「茶系」を大量(1.5ℓ~2.0ℓ)に摂取してたくさんおしっこに行くことが一番重要なのですよ!!

|

« 寒くなりましたから | トップページ | やはり… »

コメント

>俊たろうsan

はじめまして。
尿酸→尿が酸→尿が酸性→だから尿をアルカリ性にする。
なるほどです!
昔、理科の授業で習いましたね【酸性⇔アルカリ性】
さっそく上司に教えときますね!
しかし、アルカリ食品って何かしら???

投稿: hide | 2005年11月17日 (木) 07時16分

尿のpH値をはかろう

別のブログにかきこしたものを貼ります

はじめまして、通風は痛いですよね。
私も2000年に発症して、大変な目にあいました。
足の親指の腫れが一番痛かった。一時歩けなくなりました。
両肘に、交互に血が溜まったこともありました。
肘にAカップのおっぱいがくっついたようになりました。
痛くは無いけどデスクワークがやりにくかった。肘の骨は変形しました。

今、症状はでていません。
酸性食品は控えて、アルカリ食品を多目に食べて、
(白米も酸性食品ですよ)
血液を弱アルカリ性に保つのが一番の早道です。
アルカリ性になると、血液に尿酸がいっぱい溶けて、尿と一緒に排泄できます。
毎日、オシッコをpH試験紙で検査して、確認しています。
急には変化がありませんが、徐々に尿が弱アルカリ性になります。

やたら高価な試験紙が市販されていますが、
尿を検査するだけなら、下記の試験紙が安価で手頃です。

尿pHテスト-U「トーヨー」
発売元 日本ケミファ(株)
製造元 東洋濾紙(株)

私は大きい薬局で、100枚入り750円で購入しました。
体重の減量と同じで、日々の努力が大切です。
毎日検査して、グラフを記入するのが励みになります。

投稿: 俊たろう | 2005年11月17日 (木) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134412/6357057

この記事へのトラックバック一覧です: プリン体→尿酸→痛風:

» 痛風とプリン体について [病気や症状の豆知識]
プリン体の摂取を制限された食事 それぞれについてプリン体がどれだけ含まれているか... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 13時50分

« 寒くなりましたから | トップページ | やはり… »